JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



クロワッサン

     トルコの国旗の中にデザインされている三日月は、新月を表します。このトルコの国旗に使用されている新月がおいしいクロワッサンを作るきっかけになったという話は大変有名です。

 オスマントルコ帝国は約250年間もの長い間ヨーロッパの国々との対戦を繰り返し領土を拡大していました。そして1683年のウィーン包囲攻撃を最後にオスマントルコ帝国は敗北し、その後二度とヨーロッパ侵略をすることはなくなりました。オスマントルコ帝国にとってこの屈辱的なウィーン包囲攻撃の時に、おいしいクロワッサンが誕生したと言われています。この戦争は16年間ウィーン陥落を目標に闘うほどオスマントルコ帝国にとって大変困難なものでした。

 ある朝、まだ日も明けぬ時間に、あるパン屋がいつものようにパン作りをしていました。すると遠くから聞きなれない音が聞こえてきます。ちょうどオスマントルコ軍がトンネルを掘りウィーンの町へ進出しようとするときでした。そのパン屋はその音がもしやオスマントルコ軍ではないかと思い、急いで味方の軍隊に通報したのです。これが功をそうし、オスマントルコ軍は敗退、長いウィーン包囲攻撃に幕をとげました。

 その後、そのパン屋はオスマントルコ軍撃退を喜び、勝利を祝うためにあることを思いつきました。それは、オスマントルコ軍のシンボルである新月(三日月)型のパンをつくり、それを食することにより勝利を実感しよう、と考えたのです。これがまさしくクロワッサンのはじまりです。人々はそのパンの噂を聞き、クロワッサン人気が急速に高まりました。その後、そのおいしさも加わりヨーロッパに広がっていったといいます。そしてこれがクロワッサンの歴史のはじまりとなりました。


カテゴリー: その他 − 伝説 − クロワッサン


HOME



©Copyright 2004 JP-TR