JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



国旗



トルコ国旗の誕生は1936年5 月29日のトルコ国旗法NO.2994により定められました。

A = 1/2 G
B = 1/2 G
C = 0.0625 G
D = 0.4 G
E = 1/3 G
F = 1/4 G
L = 1.5 G
M = 1/30 G
 

この国旗の本当の意味を明確に示す事実は大変難しいと言われており、多くの伝説や逸話が伝えられています。

歴史的事実

赤色は700年間トルコ民族の旗として使用されており、星と三日月に関してはイスラムのシンボルといわれています。現在の国旗のもとになったデザインは1793年オスマントルコ帝国スルタン セリム3世に作られました(当時の星は現在の5点の星ではなく多くの鋭点のある星で、5点の星になったのは1844年)。オスマントルコ帝国からトルコ共和国建国となった時に旗のデザインの基本は変更されることなくトルコ共和国国旗として継続して使用されるようになりました。

月と星のシンボルに関して

ビザンチンの女神として知られるダイアナ(アルテミス)のシンボルが月であり、330年にコンスタンチヌス皇帝がビザンチンの街をコンスタンチノープル(現在のイスタンブール)としてを聖母マリアに捧げる際に彼女のシンボルである星をダイアナのシンボルに重ね合わせて出来上がったといわれています。1453年にオスマントルコ人達によりコンスタンチノープルがイスタンブールとして名前が変更されたときにもこの三日月と星のシンボルはオスマントルコ帝国の象徴としてそのまま採用されることとなりました。

伝説

1448年のコソヴォ(Kosovo)戦争の時に血の海に月の光で反射した星が映し出し、その戦争でオスマントルコ人たちがクリスチャン勢力を倒しオスマントルコ帝国として東ヨーロッパを治めることとなったため、6代目のスルタン ムラット2世(Murat U)によりオスマントルコ帝国の旗の象徴として月と星をデザインしたという伝説が残されています。

また、別の伝説として、オスマントルコ帝国の最初のスルタン オスマン ガジ(Osman Gazi)の夢によるものと言われています。胸から月と星が現れ、コンスタンチノープルを陥落させ手中に納める予言となったというものです。

このほかにも多くの伝説が残されていますが、はっきりとした事実はわかっていません。


カテゴリー: トルコ共和国 − 基本情報 − 国旗


HOME



©Copyright 2004 JP-TR