JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



トルコのニュース/最近の主な出来事(2005年分)

2006年以降のニュース

【2005年】

12月26日(月) 2006年1月1日からの最低賃金発表
16歳以上の労働者の1ヶ月の最低賃金は531YTL、税引き(ネット)で380.46YTL、カプジの531YTL、税引き(ネット)賃金は448.16YTLとすることを発表。
12月23日(金) トルコ航空大阪便就航へ向け調整中
トルコ航空の発表によると外国路線拡大に向け調整をするに際し、大阪(関西空港)便を新たに就航するように調整中とのこと。すでに決定し1月から就航予定の3都市に加え、来年の3〜6月にかけて大阪を始めとする多数の都市への新航路を調整中。
12月22日(木) トプカプ宮殿の盗難品が返納
約6ヶ月前にトプカプ宮殿から盗まれた品8点(2005年6月30日の記事参照)が昨日Fetihにあるモスクに2つのかばんの中に布に包まれて放置。そこには「アッラーの承諾のもと、これらの品をもとの場所へ戻してください。」と書かれたメモが添えられていたもの。包みを発見したイマム(僧侶)はすぐに警察に連絡し、その後の調査により盗難品に間違いないと判明。無事にトプカプ宮殿に返納されることとなりました。
12月19日(月) イスタンブール、雪のため休校
昨夜から降り始めた雪による積雪のためイスタンブールの小中学校が本日休校になると発表されました。他にエディルネ、テキルダァ、クルクラレリでも休校となります。
12月16日(金) たばこ値上げ
本日より一部のたばこが7%〜16%値上げされます。新価格は、マルボロ(長)4.5YTL(約388円)、マルボロ(短)4YTL(約(約345円)、パーラメント4.5YTL、TEKEL2000(長)3.75YTL(約323円)、Samusun1.95YTL(約168円)等。
12月13日(火) 米誌でイスタンブールの2レストランがリスト入り
アメリカの雑誌「Travel&Leisure」が今月号で選んだ「最良のヨーロッパの新しいレストラン」にイスタンブールの2つのレストランがリスト入り。ひとつはウシュキュダルのMabeyin、もうひとつはTaksimの360。尚、この調査はマドリッド、ロンドン、ローマ、パリ、ベルリン、アムステルダム、モスクワ、イスタンブールの8都市の新しい有名レストラン約40件を巡って出したもの。
12月12日(月) 米誌による2005年の最優秀映画にトルコ人監督の作品
アメリカの「Nesweek」誌が選んだ2005年上映の最優秀映画としてトルコ人監督Fatih Akin作品「Duvara Karisi」が選ばれました。この作品は第17回ヨーロッパ映画祭で最優作品賞及び最優秀監督賞を受賞、又、ベルリン映画祭でも最優秀賞を受賞。情熱的な愛情物語。
12月12日(月) イスタンブールで酒類禁止地区
イスタンブールのアジア側にあるウシュキュダル地区の一部地域で酒類の販売等を一切禁止する地区が指定されたことから大きな論議を呼んでいます。「Kirmiz Nokta(赤地点)」とする地域に指定されると店頭はもちろんレストラン等でも酒類が提供できなくなります。今後、他地区がどのような方針を取るかが注目されています。
12月5日(月) ディズニー映画でロクム人気
ディズニー映画「Narnia」の主人公のひとりEdmund Pevensieがトルコの伝統菓子ロクム(ターキッシュデライト)が大好物というストーリーにより世界各地でロクムの人気上昇中。売上も英国では3倍となり今後は世界的に更に増加すると予想されています。トルコでは1月公開予定。日本では「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」という題名で2006年3月4日公開予定。
11月30日(水) IDOで半額割引
IDO(Istanbul Deniz Otobusleri:イスタンブール海運)は12月1日〜31日の1ヶ月間イスタンブール市内間の乗船料金を半額にすると発表。ただし毎日10:00〜16:00の間にアクビルを使用して乗船する人のみが対象。
11月29日(火) ブルサでカラギョズフェスティバル開催
第11回ブルサ国際カラギョズ操り人形及び影絵フェスティバルが今日から12月3日まで開催。トルコの伝統的影絵操り人形のカラギョズを始めとし国内外から影絵や操り人形の名手達がブルサで上演予定。詳細は主催するUnima国民センターのサイト(トルコ語)にてご確認ください。
11月26日(土) 交通違反罰金が1月から値上げ
2006年1月1日から施行される交通違反罰金の金額が発表されました。その一部は次の通りです。赤信号で渡った場合92YTL(現行)→101YTL(施行後)、0.5プロミル以上のアルコール運転1回目379YTL→416YTL、2回目475YTL→521YTL、3回目760YTL→834YTL、スピード違反(30%まで)92YTL→101YTL、(30%以上)188YTL→216YTL、駐車違反45YTL→49YTL等。レートについてはこちらでご確認ください。
11月26日(土) パスポート申請料金が1月から値上げ
2006年1月1日から施行されるパスポート申請料金の金額が発表されました。その一部は次の通りです。6ヶ月有効80.80YTL(現行)→88.70YTL(施行後)、1年有効115.40YTL→126.70YTL、2年有効194.79YTL→214YTL,3年有効278.30YTL→305.60YTL、5年有効394.30YTL→433.10YTL。レートについてはこちらでご確認ください。
11月24日(木) 「先生の日」
今日は「先生の日」。先生という職業を尊敬し、感謝する日です。詳細については11月24日コンテンツをご参照ください。
11月23日(水) 明日からピカソ展開催
イスタンブールのサクプサバンジ博物館では明日24日から3月26日までの間、ピカソ展が開催されます。パリとバルセロナのピカソ美術館及びピカソ家のコレクションから選ばれた作品合計135点を展示公開。サクプサバンジ博物館については当サイト内イスタンブール・博物館をご参照ください。
11月22日(火) ニューヨークの映画祭でトルコの作品が最優秀賞受賞
11月17〜20日にニューヨークで開催された国際クィーンズ映画祭でトルコの作品「Gonul Yarasi(ギョニュル ヤラス、英題Lovelorn)が最優秀賞を受賞。国際クィーンズ映画祭のサイトはこちらをご覧下さい。
11月21日(月) イスタンブールで初雪
今日、イスタンブールではこの冬初めての雪が降りました。昨日、エディルネから雪が降り始め寒波がゆっくりと西へ移動し、今日になりイスタンブールに初雪をもたらしたもの。この寒波は水曜日あたりまで続くと予想されています。
11月16日(水) サッカーワールドカップ出場の夢破れる
2006年ドイツで開催されるサッカーワールドカップの出場権をかけ、プレーオフで2回スイスチームと戦った結果、点差により残念ながらトルコチームの出場の夢が絶たれました
11月11日(金) ヨーロッパのビジネスマン長者番付トップ50にトルコ人2名がリスト入り
ヨーロッパ各国で出版されている雑誌「European Business 」の調査によるヨーロッパのビジネスマン長者番付トップ50に2人のトルコ人がリスト入り。35位にRahmi Koc氏、37位にFerit Sahenk氏、1位は英国のLakshmi Mittal氏、女性は唯一ロレアルのLiliane Bettencourt(フランス)がリスト入り。
11月11日(金) マダムタッソーのアタチュルク像が新しくなって登場
ロンドンのマダムタッソー蝋人形館に展示されていたアタチュルク像が昨日の命日を機として新しくなって登場。今まで展示されていた蝋人形は「似ていない」と悪評が高かったためコチュ・ホールディングの呼びかけにより1年かけて完成されたもの。2つの蝋人形の比較写真はこちら
11月11日(金) アタチュルクの命日、各地で追悼
第67回目のアタチュルクの命日である11月10日、各地で様々な追悼式典が開催されました。アンカラのアタチュルク廟では午前8時50分から式典が開始され、9時05分から全国各地で1〜2分間の黙祷が行われ、アタチュルクに由来する建物や像に花輪がかけられ亡きアタチュルクに感謝の意を表しました。
11月9日(水) ドルマバフチェ宮殿が特別ライトアップ
明日のアタチュルク逝去の日(11月10日)を前に、彼が死去したドルマバフチェ宮殿では今日から3日間、宮殿の夜間照明を消し、250平方メートルのアタチュルクのシルエットを映し出す予定。尚、明日は特別に8時に開館となり参拝者を受け入れる予定。
11月6日(日) 「死ぬまでに見るべき1001の映画」の中のトルコ映画
スティーヴン・シュナイダー氏編集の本「死ぬまでに見るべき1001の映画」の中にトルコ映画はただひとつ「路(YOL)」(ユルマズ・ギュネイ監督1982年作)がリスト入り。この映画はカンヌ映画祭で金賞を受賞。又、この本は8カ国から選ばれた国際的映画評論家57人によって選考された映画をリストにしたもの。
11月6日(日) イルハン・マンスズがモデルに転向
2002年のサッカーワールドカップでラッキーボーイとして人気を集めヴィッセル神戸にトランスファーされながらも治療のためドイツで療養生活を続けていた元ベシキタシチームの選手イルハン・マンスズがモデルエージェンシー(ネシェ エルベルク)と契約。ドイツから帰国後アンカラグジュでプレー再開したものの、来季からはプレーをすることなくモデルとしての道を歩む予定。
11月2日(水) 明日から3日間シェケル(ラマザン)バイラム
今日でラマザン(断食期間)が終わり、明日3日(木)から5日(土)まで砂糖祭と呼ばれるシェケル(ラマザン)バイラムが始まります。又、明日からのバイラムを控え、本日午後から公休扱いとなります。
11月2日(水) イスタンブールのバイラム期間中の無料公共交通機関について
バイラム期間中の公共交通機関一部無料については都市により若干異なりますが、イスタンブールの場合は次の通りです。無料対象は、市バス、トゥネル(地下鉄)、イスティクラル通りのトラム。割引対象(50Ykr)はメトロ(Taksim‐4Levent、アクサライ-空港)、トラム(Sirkeci-Zeytinburnu)、ロープウェイ(マチュカ、エユプ)。
11月2日(水) ピエールロッティへはロープウェイで
イスタンブール・エユプにある有名なカフェ「ピエール ロッティ(Pierre Loti)」のある丘と金角湾エユプ(Eyup)を3分20秒でつなぐロープウェイが昨日開通。1回75Ykr(アクビルだと1回65Ykr)。
11月1日(火)

バイラム期間中道路や橋、及び一部公共交通機関が無料に
シェケルバイラム(砂糖祭またはラマザンバイラム)期間中、有料道路及びイスタンブールのボスポラス橋を無料とすることが発表されました。又、市内バスやメトロ等の一部公共交通機関も無料となる予定(都市により異なる)。無料とする期間は11月3日0時から5日24時まで。尚、シェケル/ラマザンバイラムは11月3日〜5日、2日は午後から公休となります。

10月30日(日) 今夜はカディルの夜(Kadir Gecesi)
今日の夜から明日の朝にかけては、イスラム教徒にとって聖なる5夜とされるカンディルの中でも最も神聖なる夜とされるカディル ゲジェシ(Kadir Gecesi)。預言者ムハムメッドにより初めてコーランが詠まれた夜で、今までの罪に対して許しを請う事ができ、全ての祈りや願いが叶うと信じられています。
10月29日(土) 明日から冬時間開始。
現在適用されているサマータイムが終わるため、10月30日(日)午前2時に時計が1時間戻されます。これにより日本との時差はマイナス7時間となります(例:日本が15時の時、トルコは午前8時)。次回のサマータイム適用は、2006年3月26日〜2006年10月29日。
10月29日(土) 今日は「共和国の日(トルコ共和国宣言記念日)」
今日10月29日は82回目の 「共和国の日(トルコ共和国宣言記念日)(Cumhuriyet Bayrami)」。各地では盛大に式典が行われる予定。又、これにより多くの道路が交通規制されますのでご注意ください。
10月26日(水) 国際トライアスロン大会がアランヤにて開催
第15回国際トライアスロン大会(1.5キロの水泳、40キロの自転車、10キロのマラソン)が本日地中海の街アランヤ(Alanya)にて開催されます。28カ国から300人以上の選手が参加予定。12時スタート。
10月25日(火) 今年の年末宝くじの賞金は過去最高
今年の年末宝くじ(Milli Piyango)の最高賞金額は去年より33.3%高い2千万YTL(約1500万ドル)となると発表。
10月25日(火) タルカンがシングルをリリース
今日、タルカンがシングル「Bounce」をリリース。アラブ調の曲。
10月24日(月) 恩返しのためイスタンブールに桜587本を植樹
イラン・イラク戦争の際、テヘラン空港に取り残された日本人215人のためにトルコ政府が手配した飛行機によりイラン脱出に成功したことへの恩返しとして、日本さくら交流協会により、日本で沈没したトルコの戦艦エルトゥールル号の遭難者587人を追悼するためにイスタンブールのネザハト ギョクイィト(Nezahat Gokyigit)植物園に587本の桜の木が植樹されました。エルトゥールル号とは、1890年スルタン アブドゥルハミド2世の命により日本へ向ったエルトゥルル号が和歌山県串本沖(紀伊大島付近)で沈没。その際69人のトルコ人船員を救助し手厚く介護したとして知られています。
10月23日(日) セルタブが9位にランクイン。
ユーロビション50周年を記念して歴代1位の50曲の中から最優秀曲を決めるコンテストにおいて、トルコで唯一2003年に「Everyway That I Can」で1位を獲得したセルタブ エレネルは9位に、優勝は1974年「Waterloo」で1位を獲得したスウェーデンのグループABBA(アバ)。
10月21日(金) 好きな写真が切手に
PTT(トルコ郵便局)は、個人的な写真、例えば顔、風景、ペット、会社等どんな写真でも実際に使用できる切手として印刷するサービスを10月25日から開始すると発表。国内なら20gまでの手紙に使用可能な切手で、最低250枚作成が必要。仕上がりは写真を渡した後、30日以内。
10月21日(金) イスタンブールでコメディフィルムフェスティバル
本日21日より27日までの間、コメディ映画フェスティバルが開催されます。米国やヨーロッパから今年のコメディ映画50本を上映予定。料金は5YTL(スポンサーであるGarantiBankasiBonusCard所有者は半額)。上映場所はBeyogluのSine Majestic、フランス文化センター、MackaのCine Bonusにて。
10月21日(金) イズミールで又地震
0時40分、マグネチュード5.9の地震が発生。本日も学校は休校となります。
10月18日(火) エーゲ海沿岸で地震
昨日イズミール県内各地で8:45にマグネチュード5.7、12:46に5.9、12:55に5.6の地震が発生。又、エーゲ海沿岸地域で数回の余震が続きました。負傷者30人と報告されています。イズミール県では昨日に引き続き本日も休校予定。
10月18日(火) アンカラのタクシー料金値上げ
10月20日よりアンカラ市内のタクシー料金が約30%値上げされます。初乗り運賃1.3YTL、その後1km毎に1.3YTL加算、24:00〜06:00間は夜間料金で50%割増となります。空港タクシーは現行の50%増し、又50kg以上の荷物は運搬しないこととすることを発表。
10月15日(土) ヨーロッパで8番目に優れた女性にトルコ人
ファイナンシャルタイムズがヨーロッパで最も優れたビジネス ウーマン25人を選び出し、その中でトルコ人でサバンジ・ホールディングの代表ギュレル サバンジ(Guler Sabanci)が8番目にリスト入り。
10月14日(金) 世界で2番目に大きいショッピングセンター誕生
イスタンブールのシシリ/メジディイェキョイ間に明日(15日13時)にCevahir(ジェヴァヒル)ショッピングセンターがオープン。式典にはエルドアン首相も参加予定。6万4千平米の敷地は、米国ミシガン州にあるMall of Americaに次ぎ世界で2番めに大きいショッピングセンターとなります。
10月11日(火) 鳥インフルエンザ
BalikesirのManyasで七面鳥から鳥インフルエンザが見つかり、七面鳥2687羽、鶏151羽、鴨68羽をガスにより処置。トルコ全土の養鶏場にも鳥インフルエンザに対しての警告を発令。ただし同時に国民には過剰に反応しないように正しい知識をメディア等を通じて説明しパニック回避に翻弄中。
10月7日(金) 3番目に不幸なトルコ人
GFK NOPが30カ国3万人に調査した結果、「自分は不幸である」と答えたトルコ人は全体の28%で調査した30ヶ国で3番目に多かったとのこと。一番割合の多かったのはハンガリーで35%、次いでロシアが30%、日本は21%で7番目。逆に「幸福である」と答えた割合が一番多かったのはオーストラリア人で46%、2位が米国で40%、3位がエジプトで36%という結果。
10月7日(金) 冷たくないアイスクリーム(?)
アイスクリームのチェーン店MADOでは冬でもアイスクリームをおいしく食べるために特別なレシピにより、冬に食べても寒くならない、むしろ食べると身体が温かく感じるアイスクリームを開発。この冬からMADO各店で販売開始予定。
10月7日(金) ペガサス航空が国内線参入
15年間国際線のチャーター便を運航してきたペガサス(Pegasus)航空が11月1日より国内線運行を開始すると発表。就航都市はイスタンブール(サビハ・ギョクチェン)、アダナ、アンカラ、アンタルヤ、トラブゾン、ヴァン(ワン)。料金は片道55YTL〜。
10月6日(木) イスタンブールの生活感は102位
EIU(Economist Intelligence Unit)が127都市を対象に教育・文化活動・周辺環境・健康サービス・基礎工事の5項目により生活環境の順位付けが行われ、イスタンブールは100点中37点で102位という結果が発表されました。結果は上位からバンクーバー、メルボルン、ウィーン、ジュネーブ、パース、アデレード、シドニー、チューリッヒ、トロント、カルガリーで、下位10都市はテヘラン、ドゥアラ(カメルン)、ハラレ(ジンバブエ)、アビジャン(コートジボアール)、プノンペン、ラオス、カラチ、ダッカ、アルジェリア、ポートモスビィ(パウアニューギニア)。
10月6日(木) ビルゲイツトルコで優雅な休日満喫中
米国マイクロソフト社のビルゲイツは、75mの豪華ヨットで来航し、マルマリスでのマルトゥ・リゾート・ホテルでの休日を楽しんだ後、ヨット後部に積まれた特別ヘリコプターにてエフェスへ飛行後、エフェス観光を満喫。
10月6日(木) フライエアーも割引
イスタンブール-イズミール間を44YTL、アダナを55YTL。
10月5日(水) トルコ航空もラマザン割引
オヌルエアーに続き、トルコ航空も今日からラマザン期間中国内航空運賃を割引し、59YTLにすると発表。対象となるのはイスタンブール発着のイズミール・アンカラ・アダナ・アンタルヤ・カイセリ・コンヤ・サムスン・トラブゾン・アドゥヤマン・カフラマンマラシュ・マラティヤ。ただし時間帯によるもので、59YTL以外にも69YTL、79YTL、89YTLという割引金額が用意されています。
10月5日(水) オヌルエアーがラマザン割引
ラマザン期間中、イスタンブール発着の国内航空運賃割引を実施すると発表。イズミール・アンタルヤ69YTL、ボドルム・アダナ79YTL、カイセリ・サムスン89YTL等。(KDV込)
10月5日(水) 今日からラマザン(断食月)
今日から11月2日(水)までの間、ラマザン(断食)の期間となります。
10月4日(火) EU加盟交渉開始
EU加盟国25カ国の中でトルコのEU加盟に唯一反対論を掲げてきたオーストリアの説得がEU外相理事会で2日間にわたり続き、結局オーストリアが3日夕刻に承認。これを受け、21:30、EU外相理事会はトルコのEU加盟交渉開始を正式に認めると発表。その後トルコのギュル外相がルクセンブルクに4日01:05に到着し、すぐに会議が開始されました。EU、トルコ両方にとって歴史的一歩と言われるトルコの加盟交渉が開始されたものの、両間の詳細合意やその他法的手続き等多くの問題解決が必要となり、正式加盟までには少なくとも10〜15年はかかると予想されています。
10月3日(月) 今日トルコで部分日食観測可能
トルコ各地において11時30分〜14時15分の間に部分日食が観測できます。今日の日食ではトルコで20%(東トルコ)〜45%(南エーゲ海〜東地中海)の割合で、スーダンが最も割合が高く95%。ルートは北大西洋から始まり4時間後にインド洋に抜けるルート。来年(2006年)3月29日にはトルコで皆既日食が観測可能。
10月3日(月) 10月3日EU加盟交渉開始?
トルコのEU加盟交渉開始を本日に控え、 昨夜ルクセンブルクにおいてEU外相理事会が緊急開催。「準加盟国扱い」を主張するオーストリアが説得に応じなかったため本日午前に会議が再開。これにより本日夕方に予定されている加盟交渉開始が延期される可能性も出てきました。
10月2日(日) ユーラシアマラソンで新記録
2大陸間マラソンとして知られるユーラシアマラソンが雨の中行われ、フルマラソンの優勝者は男性がJoseph Mbithi(ケニア)、女性がMadina Biktagirova (ロシア)。Biktagirovaは2:34.25で女性の大会新記録を更新。尚、フルマラソンと同時に15kmマラソン、市民マラソンが開催され、市民マラソンには約75,000人が参加。
10月2日(日) アルトゥンポルタカル及びユーラシア国際映画祭が閉幕
昨夜(10月1日)アスペンドス古代劇場においてアルトゥンポルタカル及びユーラシア国際映画祭の授賞式の後、式典が閉幕されました。最優秀映画賞はアルトゥンポルタカルが「Turev」、ユーラシア国際映画祭が「Shanghai Dreams」、その他については「アルトゥンポルタカル」コンテンツ下段をご参照ください。
10月2日(日) ユーラシアマラソン開催
アジアとヨーロッパの両大陸を走りぬく世界唯一の2大陸間マラソンとして知られるユーラシアマラソンが今日9時にスタート。今年も国内のみならず世界各地からの参加者が予定されています。
9月30日(金) 三笠宮殿下がトルコ来訪
考古学学会に寄付行為をする300人の日本人代表団と共にアンカラに来訪。アンカラ考古学博物館を見学後カッパドキアを観光。殿下は何度も訪れていらっしゃるため案内役を務めながらの観光となりました。又、トルコを愛する表現のために爪にトルコ国旗を描き胸にはトルコ国旗のバッチをつけていらっしゃったことも注目となりました。殿下と300人の代表団は今日クルシェヒル(Kirsehir)のカマン(Kaman)市で行われるアナドル−日本考古学学会の研究所の新しい建物のオープニングセレモニーに参加予定。
9月30日(金) Filmekimi開始
第4回Filmekimi(イスタンブール映画週間)が今日11時から始まります。話題の映画やトルコではまだ未公開の映画等映画ファンの期待が高まっています。平日昼間は入場料2.5YTL(約200円)。
9月27日(火) U17準決勝進出
ペルーで開催されているFIFA:U17(17歳以下) サッカー世界大会に初出場したトルコチームが中国を破り準決勝進出が決定。ブラジルと北朝鮮の勝者と30日に準決勝で戦う予定。
9月27日(火) 携帯電話の税金
世界GSM協会は現在携帯電話普及途上にある50ヶ国を調査したところ、トルコの携帯電話所有及び使用における税金が最も高く44%、1年で1人あたり平均73ドルを税金として支払っているという結果を発表。
9月25日(日) ゲームソフトFIFA2006の音楽にトルコの2グループ
世界中で人気のFIFA公式ゲームソフトの2006年版の音楽を作成するにあたり、世界各国から39人(グループ)が選ばれ、その中にトルコで人気の2グループAthenaとMangaも参加が決定。
9月24日(土) アルトゥンポルタカル及び国際ユーラシア映画祭が今日開幕
アンタルヤにおいて第42回アルトゥンポルタカル映画祭及び第1回国際ユーラシア映画祭が同時に開催。11時からCinebonusやAKMペルゲサロンで参加映画の上演を開始。夜には国際ユーラシア映画祭の開幕式がAKMにて行われます。今日予定されていたアルトゥンポルタカル開幕式は雨の予報により明日25日に延期。
9月24日(土) 外国語を話す割合は29%
EU加盟国及びトルコを含む他4カ国での調査によると、トルコにおいてトルコ語を母国語とする割合が93%、外国語を話す人の割合は29%という結果。
9月21日(水) アメリカの国会はリキヤがお手本
米国ニューヨークタイムズ紙によると、アメリカ憲法を作成する際に歴史上最古の連合国である地中海に存在したリキヤ連盟を参考にしたと発表。「トルコで砂に埋もれた議会」と題した記事においてリキア議会の遺跡を紹介し、ワシントンの国会議事堂の建物のモデルになったことも付け加えています。
9月18日(日 今夜はカンディル
今日の夜から明日の朝にかけてはイスラム教徒にとって神聖なる5夜(カンディル)のうちのひとつであるベラト カンディリ(Berat Kandili=免罪の日、全ての罪が許される日)です。

9月17日(土) ビエンナーレ一般公開開始
第9回国際イスタンブールビエンナーレのオープニングセレモニーが昨夜行われ、今日から一般公開が開始されました。展示は10月30日まで。
9月16日(金) アヤソフィアでEU加盟のための特別コンサート(9/24〜25)
10月3日に行われるEU加盟の話し合いを前に「トルコはEU加盟に値する」をスローガンに9月24〜25日アヤソフィア広場でコンサートが開催されます。セルタブが2005年ユーロビジョン優勝者Helena Paparizou と共に歌を披露する他世界からのミュージシャンを集めての大イベント。招待者にはセゼル大統領、エルドアン首相他ヨーロッパ各国の大臣や領事等が含まれています。SKY Turk TVが生放送する他外国のTVも放送予定。
9月16日(金) アクビルが値下げ
イスタンブールのバスやメトロ(IETT)で使用されているアクビルが10月1日より値下げされます(民営バスでは10月15日から導入予定)。例えば通常料金1回1.30YTLのところ20YTL補充した場合の1回の料金は1.15YTL、60YTL補充した場合には99Ykrとなります。ただし今回の値下げではマービアクビル(期間限定)は対象ではありません。
9月13日(火) オヌルエアーが国内線料金大幅値下げ
オヌル(Onur)エアーが夏のバカンスシーズン終了を前に9月12日分より国内線料金大幅値下げキャンペーンを開始。イスタンブールを拠点として各方面への料金が発表されました。尚、このキャンペーンは10月29日まで適用されます。詳細はこちらからどうぞ(他社との比較あり)。
9月12日(月) トルコは世界で最もガソリンの高い国
IEA(国際エネルギーエージェント)の8月の調査によると1リットルあたりのガソリン価格が世界で最も高い国がトルコであると発表(1リットルあたり2.09ドル)。2位は英国で1リットルあたり1.61ドル、アメリカにおいてはわずか65セント。この結果はトルコのガソリンにかかる税金の割合が71%と高いためで、この割合も世界で最高値。ちなみに日本においての税金比率は44.5%。
9月12日(月) 今日から学校開始
トルコ全土の小学校・中学校は今日から2005〜2006年の新学期が始まります。約3ヶ月の長い夏休みを終えた子供達は新しい学年となり授業を再開。前期は2006年1月9日に終わり約3週間の冬休みの後、1月30日から後期が開始され6月12日に学年末となる予定。
9月11日(日)

世界の男性ベストモデルにトルコ人
韓国で行われた「Manhunt International/Best Model Of The World」で世界50カ国から参加したモデルの中から見事優勝に輝いたのがトルコ人モデルTolgahan Sayisman(トルガハン サユシュマン)。彼の写真はこちら

9月10日(土) トルコの女性雇用率は最下位
EU雇用向上センターの調べによるとトルコの女性雇用率は28%でOECD(経済協力開発機構)加盟国とヨーロッパ諸国の中で 最下位と発表されました。更に28%の雇用率のうち49%が自営業を手伝う目的で無給。特に東トルコ地域での女性雇用率が1桁台で全体の雇用率を大きく下げている事が明らかとなりました。
9月8日(木) たばこのナルギレ
水パイプ(水たばこ)として知られるナルギレを市販のたばこを吸う時に使用する目的で作られた「たばこナルギレ」。銅製小物製作者が新しく発表し話題を呼んでいます。普通にたばこを吸うよりもニコチンの吸収量が少なくなるとのことですが、今後の売れ行きはいかに?写真はこちら(ヒュリエット紙より)。
9月7日〈水) オリエント急行がイスタンブールに到着
例年通り今年も9月にオリエント急行(オリエント・エクスプレス)が トルコにやってきます。本日10時にトルコ国境地カプクレ(Kapikule)に入り、15時15分にイスタンブールのシルケジ駅に到着予定。イスタンブールで2泊した後の9日(金)17時にシルケジ駅を出発し22時50分にカプクレ国境地を発ちトルコに別れを告げ、ブカレスト(ルーマニア)、ブタペスト(ハンガリー)、ウィーンを経由し、イタリアのベニス(ベネツィア)まで運行を続ける予定。
9月6日(火) トルコ経済の格付けはB+
株式会社日本格付研究所(JCR)の3年間にわたる調査によるとトルコ経済の格付けはB+。調査にあたったJCR田村氏によると負債やイラクの政情不安、EU加盟問題等懸念材料はあるもののIMFの協力によりトルコ経済は順調に向上し今後に期待できるとのこと。
9月6日(火) ワールドカップドイツ大会のボールはトルコ人のデザインに決定
サッカーワールドカップ2006ドイツ大会で使用するボールのデザインを決めるコンテスト(FIFA及びアディダス社協賛)において世界約4000人の応募の中からドイツに住む14歳のトルコ人女学生がデザインしたものが選ばれました。サッカー選手が世界各国の旗を手に持ちながら繋がっているデザインで10月に生産が行われる予定。
9月5日(月) ボルダゥトンネル貫通
14年間工事が続くボルダゥ(ボル山)トンネルが昨日エルドアン首相による最後の一削により貫通。トンネル工事完成は2006年12月16日の予定。トンネルが完成するとイスタンブール−アンカラ間が3時間30分で結ばれることになります。(現在は山越えにより約6時間)
9月4日(日) ユダヤの日
イスタンブールのガラタ地区で今日ユダヤの日を祝う催しが各種行われます。ミニコンサートや写真展、映画他、各レストランでは普段ユダヤの家でしか味わえないユダヤ料理が提供されます。ユダヤの日とはユダヤ教文化を紹介するために1996年最初にフランスで催しが行われたものがその後ヨーロッパに広まり、トルコでは今年3回目を迎えます。
9月3日(土) 週末はロックン コーク(Rock’n Coke)
トルコ最大規模の野外コンサートとなるロックフェスティバル第3回Rock’n Cokeが今日と明日の2日間にわたりイスタンブールのハゼルフェン空港で開催されます。5万人の観客が予想されており、会場には7千人分のキャンプサイトやレクレーションコーナー、お店などの施設も完備されています。国内外から参加のThe Off Springs、Cure、Korn、Ceza、Manga他多数のミュージシャンのコンサートが予定されています。
9月3日(土) イスタンブールで布製広告禁止
イスタンブールでは主に景観を損ねるという理由から9月5日(月)より布製の広告(垂幕等)が禁止されることとなりました。
8月31日(水) トルコの長者番付発表
トルコで最もお金持ちとされる人物及び一族(家系)トップ100が発表されました。1〜4位は前年と順位は変わらず、1位コチュ(Koc)一族=Koc Holding、2位サバンジ(Sabanci)一族=Sabanci Holding、3位シャヘンク(Sahenk)一族=Dogusグループ、4位ドァン(Dogan)一族=Dogan Holding、5位ウルケル(Ulker)一族=Ulkerグループという結果となりました。
8月31日(水) 今夜はカンディル
今日の夜から明日の朝にかけてはイスラム教徒にとって神聖なる5夜(カンディル)のうちのひとつミラジュ カンディリ(Mirac Kandili=預言者ムハムメッド昇天の日)です。
8月30日(火) 「勝利の日および戦力の日」の式典
第83回「勝利の日及び戦力の日」を祝う式典が各地で開催されました。アンカラのアタチュルク廟、イスタンブールのタクシム広場他、各地の主要広場で午前9時より式典が開催、夜には各地でバンド演奏なども予定されています。式典の写真集はこちら(トルコ全国紙Hurriyetより)をご覧下さい。
8月30日(火) 今日は「勝利の日および戦力の日」
今日8月30日は「勝利の日及び戦力の日」として休日です。各地では様々な式典が開催される予定。  
8月30日(火) プール世界ベスト10リストにAdaland Aquapark
米ニューヨークポスト紙による世界のプール(ウォーターパーク)トップ10リストにトルコ及びヨーロッパで唯一Adaland Aquapark(アダランド アクアパーク)が選ばれました。Adaland Aquaparkはクシャダスにあるヨーロッパ最大のウォーターパーク。日本のシーガイヤ オーシャン ドームもリスト入り。
8月24日(水) インターネットでの酒・たばこ類販売禁止へ
酒・たばこ類市場改善協会により、インターネット及び電話での酒・たばこ類の販売を禁止する法律が2006年1月から施行されます。これは密輸入品や偽造品を規制するための処置。製造元及び輸入業者に関しては、特別な手続きのもと販売が可能となります。
8月24日(水) トルコの画家が高知市に出展
トルコ人画家Bedri Baykam(ベドリ バイカム)氏が高知市で開催中の第2回「The Edge」という展覧会で世界各国から選ばれた15人のうちの1人として参加。今回のために製作した2x3.9mの大きな作品を8月29日まで展示、その後1年間は市民のために屋外展示予定。
8月23日(火) ニュースウィーク表紙にイスタンブール
米国誌「ニュースウィーク」国際版の今週分はイスタンブールが表紙を飾りました。’Cool Istanbul’と題し、イスタンブールを特集。深い歴史と文化を基礎にしながらも近代的に、西欧的に変わりつつあるエネルギッシュな都市を様々な角度から紹介。
8月22日(月) ユニバーシアード閉幕
昨夜イズミールで10日間にわたり開催されていたユニバーシアード2005イズミール大会が閉幕。閉会式は市内アタチュルクスタジアムで、様々なショーや花火、トルコの人気グループアテナのコンサートなどが華やかに行われ、最後にユニバーシアードの旗は次回開催地バンコクに手渡されました。メダル数は、1位ロシア(金26銀16銅23)、2位中国(金21銀16銅12)、3位日本(金18銀18銅20)、トルコは8位(金10銀11銅6)という結果。
8月21日(日) フォーミュラ1−トルコ大会、優勝はライコネン
フォーミュラ1−第14戦トルコ大会(トルコ大会としては第1回目)の決勝戦がイスタンブールパークで行われ、結果はマクラーレンメルセデスのライコネンの優勝、2位はルノーのアロンソ、3位はマクラーレンメルセデスのモントヤ。ミハエル シューマッハ−はレース当初12番目のカーブでウィリアムスのウェッバーと衝突し、両者とも棄権。試合はアナドルアテシのショー、トルコの人気女性歌手セルタブ エレネルによるトルコ国歌により開会。会場ではエルドアン首相や米俳優ボー デレック、元ボクサーのマイク タイソン他著名人も多く観戦。トルコにおける初めてのF1レースは無事成功に終わりました。
8月20日(土) ポールポジションはライコネン
フォーミュラ1−第14戦トルコ大会の予選が行われ、明日の決勝戦でのポールポジションをマクラーレンメルセデスのライコネンが獲得。2番はルノーのフィゲラ、3位は同じくルノーのアロンソと続きます。決勝レースは明日15時(日本時間の21時)にスタート予定。
8月19日(金) タルカンのコンサート予定が決定
整形外科系の症状による安静の指示のため今夏のトルコ横断コンサートの予定変更を余儀なくされたタルカンのコンサートスケジュールがようやく決定(4回のみ)。詳細はタルカンコンテンツ近況欄でご確認ください。
8月19日(金) フォーミュラ1-トルコ大会が今日から開始
フォームラ1(Formula1/F1)トルコ大会が本日より3日間の日程で開催されます。トルコにおいて初めて行われるF1トルコ大会は各国の期待を受け、イスタンブールパークと名づけられたサーキット場でレースが繰り広げられます。決勝は21日(日)の予定。
8月18日(木) 各地でトルコ大地震の追悼行事
1999年8月17日に起こったトルコ大地震(マルマラ地震)から6年目の昨日、被害のあった各地で追悼行事が実施されました。地震発生時刻の午前3時2分には被害者の冥福を祈る黙祷や行進が悲しみに包まれながら行われました。
8月17日(水) 2005〜2006年の国立大学授業料発表
9月から始める新年度に向け2005〜2006年の国立大学授業料は、1年間合計で55YTL(約4,454円)〜458YTL(約37,000円)と発表されました。医学部が458YTL、音楽演劇学校が456YTL、工学部が300YTL、法学部243YTL、理学部220YTL等で、最低額である55YTLはアチュクオーレティム(通信大学のようなもの)の年間授業料となります。
8月17日(水) マルマライ計画のボスポラス海峡海中トンネル採掘始まる
マルマライ計画 (詳細については2005年2月18日を参照ください。)のボスポラス海峡海中トンネル採掘作業が日本の船カンユ丸により15日朝から始められました。2年間で105万立方メートルを採掘する予定。
8月13日(土) タルカン休養宣言
トルコの人気歌手タルカンは整形外科上の症状のため医師により3〜6週間の休養を薦められ、8月後半〜9月に予定されているコンサートの一部をキャンセルする予定。コンサート日程の詳細は現在のところ未定。
8月12日(金) ユニバーシアード イズミール大会開会
昨夜第23回ユニバーシアード2005 トルコ/イズミール大会はエルドアン首相により開会が宣言されました。開会式では142カ国約6000人の選手が参加し、「太陽が生まれた地アナドル」と題したダンスにより華やかなオープニングセレモニーが披露されました。
8月11日(木) 今夜はカンディル
今夜はイスラム教徒にとって神聖なる5夜(カンディル)のうちのひとつRegaib Kandili(レガイブ カンディリ)で、願う祈りは全て叶うと伝えられています。
8月8日(月) オスマン帝国最後のスルタンの玄孫が結婚
オスマントルコ帝国最後のスルタンVahdeddinの玄孫(孫の孫)で米国で電気技師をするHalil Ozbasが7日(日)クシャダスのホテルで盛大な結婚式を行い、Vahdeddinの家系からや著名人等約600人の招待客が参列。第一次世界大戦当時にドイツのヴィルヘルム皇帝からVahdeddinの娘婿に贈られた剣でケーキ入刀を行いました。
8月7日(日) ユニバーシアード イズミール大会のため世界中から選手が到着
8月11日〜21日まで開催される第23回ユニバーシアード2005 トルコ/イズミール大会 に参加予定の選手達が続々とイズミールに到着。145カ国から約7千人の選手達が金メダルをかけて戦いに挑みます。
8月7日(日) フォームラ1(F1)のタルカンコンサート中止決定
8月19〜21日にイスタンブールで開催されるフォーミュラ1(F1)レースの最終日に予定されていたタルカンのコンサートの中止が決定。理由はタルカン側がレース場内のパドックでコンサートを行う事を希望したのに対し、主催者側がレース会場から2km離れた別の場所でのコンサートを提示。距離や雨の場合を考え適切でないとするタルカン側と折り合いがつかず、結局コンサート中止を決意。他のコンサートが行われるかどうかは未定。
8月5日(金) ヨーロッパのホテルベスト10にトルコのホテル
米旅行誌「Travel&Leisure」においてヨーロッパのホテルベスト10にトルコの2つのホテルがランクイン。2位にイスタンブールのFour Seasons Hotel、7位にイスタンブールのCiragan Kempinski Hotelが選ばれました。
7月29日(金) たばこが値上げ
たばこにかかる特別消費税が28%(葉巻は50%)から58%に引き上げられたことから、本日よりたばこが値上げ。値上げ後の料金はTEKEL2000(ロング)3.4YTL、マルボロ(ロング)4.1YTL、パーラメント4YTLなど。
7月27日(水) タルカンの新曲が盗難される
トルコの人気ポップスタータルカンが8月末に出す新曲がレコーディングスタジオから盗難され、イスタンブールのナイトクラブで演奏されていたことが判明。タルカンや関係者達は盗難経路を究明するとともにこれ以上市場に出回らないように対策を考案中。
7月26日(火) トルコ初の女性最高裁判所長官
トルコ共和国建国以来初の女性最高裁判所長官が誕生。選出されたTulay Tugcu(トゥライ トゥジュ)氏(63歳)は9月から長官として正式に業務を開始予定。任期は22ヶ月。
7月26日(火) F1レーサーCoulthardに罰金??
7月17日イスタンブールで行われたF1(Fomula1)のボスポラス橋でのショー(7/17欄参照)で自動監視カメラにより橋の料金を支払わずに渡ったとして3YTL(約250円)の通行料金を1日以内に支払うという条件付きで徴収したにもかかわらず支払いが行われなかったという理由で11倍の33YTLが請求され、結局彼のチームであるRedBullが支払いを代行したとのこと。トルコではちょっとした話題となりました。
7月21日(木) トルコの若手映画監督2人が愛知へ
愛知県の「一市町村一国フレンドシップ事業」の一環として世界各国から映画監督や映像クリエーターを招聘し、世界の目から見た各市町村の街並み、自然、生活等を約30分の記録映画として製作されます。これに際し、トルコから2人の映画監督(Ozcan Alper/オズジャン アルペル、Huseyin Karabey/フセイン カラベイ)が招待され、7月23日から3週間の日程で映画製作を行います。製作された映画は愛知万博でフレンドシップ・フィルム・フェスティバル期間中に上演予定。
7月21日(木) トルコ人の最大消費国はフランス
トルコ・マスターカード社の調査によるとヨーロッパの中でトルコ人が最もお金を消費する国はフランス。外国でのカード使用額の最も多い国はドイツ、次にオランダ、英国と発表。
7月20日(水) 大学入試全国一斉試験の結果発表
6月19日に行われた大学入試全国一斉試験における個人の点数が発表されました。学生達は、それぞれの点数に応じて国立及び私立の大学を選択することとなります。
7月20日(水) トルコの人口、72,065、000人
トルコ統計研究所の調査により、2005年6月現在の人口は、72,065,000人と発表されました。前回の調査である2000年より6.3%(4,297,000人)増加。イスタンブールにおいては過去5年間で1,313,000人増加したもの。最も人口増加率の多い都市はアンタルヤで16.7%増加、最も減少率の高い都市はトゥンジェリの15.4%の減少。
7月19日(火) イスタンブールの物価は世界14位
「The Economist」誌の都市別物価調査によるとイスタンブールは前年の46位から一気に14位に上昇。ニューヨークに次ぐ物価の高さであると発表されました。1位は前年同様に東京、2位はオスロ、3位はパリという結果。
7月19日(火) トルコの最良銀行にギャランティ銀行
国際的ファイナンス出版である「Global Finans」の調査において、トルコで最も優秀な銀行はギャランティ銀行(Garanti Bankasi)であると発表。各種サービス、市場占有率、信頼性や経営方針等を総合的に判断した結果評価されたもの。

7月17日(日) F1車、ボスポラス橋でショー
8月21日イスタンブールで開催されるF1(Formula1)グランプリトルコ大会を前にRedBullレーシングチームのレーサー、David Coulthard がF1車にてボスポラス橋を渡るショーを開催。ヨーロッパ側に位置するドルマバフチェ宮殿を出発しボスポラス橋を時速265kmで渡りアジア側に渡った後ドルマバフチェ宮殿へ帰着。写真はこちらをご覧下さい
7月17日(日) ロンドンでトルコフェスティバル
昨日16日ロンドンにおいて第2回トルコフェスティバルが開催され、ロイヤル国立劇場からティト近代ギャラリーまでの間にスタンドが建ち並び、トルコ料理や芸術作品等の販売、メフテルのコンサートなどで多くの人々で賑わいを見せました。
7月17日(日) 国際物理学オリンピックでトルコの学生がメダルを獲得
スペインで行われた第36回国際物理学オリンピックにおいて 今年6月に高校を卒業したばかりのトルコの2青年が金メダルと銅メダルを獲得。2人とも経済難から奨学金を得ながら学業に勤しんだ結果の受賞、9月から大学へ進学予定。
7月17日(日) 1日460トンのドナルケバブ
トルコ食品産業運営委員会の報告によるとトルコにおいて1日460トンのドネルケバブが毎日消費されているとのこと。又、1年間の1人当たりの肉の消費量は約6キロと発表されました。
7月16日(土) イスタンブール市バス値上げ
本日よりイスタンブール市バスが値上げされました。乗車料金は1回1.10YTLから1.30YTL。その他詳細は「イスタンブールの交通機関」でご確認ください。尚、鉄道(メトロ等)に関しては今回値上げは見送られることとなりました。
7月14日(木) ニセ札が流通
トルコ中央銀行が現在ニセ札が一部で流通していると注意勧告。ニセ札の番号は100YTL:A20 256783〜5、50YTL:B10 020663, B16 586915, B16 586917, B16 586920、20YTL:A33 103320, A66 136183, B15 927447, B38 080674〜5, B58 542995、5YTL:A56 367179。
7月14日(木) アリアノイで1800年前のモザイク発掘
イズミール県ベルガマ市近くのアリアノイ(Allianoi)で1800年前に作られたとされるモザイクが発掘されました。色とりどりの幾何学模様をしたモザイクは、ほぼ完全な状態で残されており考古学上重要な作品と考えられています。
7月13日(水) 米旅行誌でイスタンブールが7位
アメリカの主要旅行誌「Travel&Liesure2005」の訪問するべき都市トップ10が掲載されイスタンブールが7位にランクイン。1位シドニー、2位バンコク、3位ローマ、4位フィレンツェ、5位チェンマイ等がリスト上位に登場。
7月12日(火) イスタンブール−セラニク(ギリシャ)間の夜行列車が運行開始
イスタンブール−セラニク間の2国間の友好を目的とした夜行列車が当初の運行開始予定より約1ヶ月遅れの9日(土)初便が運行されました。それぞれの地点を20時に出発し、826kmを11時間で結びます。1等車146YTL、2等車83YTL。
7月8日(金) 17日(日)、F1車がボスポラス橋でショーを予定
8月21日にトルコで初めて開催されるF1(Formula1)トルコ大会を前に7月17日(日)、RedBullチームのレーサーDavid Coulthardがヨーロッパとアジアを結ぶボスポラス橋でF1車でショーを予定。朝9時にドルマバフチェ宮殿を出発し、ベシキタシュ、バルバロス通りを通過後、ボスポラス橋を渡りアジア側でUターンをしたあと再びドルマバフチェ宮殿まで戻る予定。当日の朝は付近の道路は全て閉鎖されます。
7月6日(水) トルコ航空交渉成立
昨夜遅く賃金交渉がようやく成立し、ストライキ問題は解決。
7月5日(火) トルコ航空が怠業行為
昨夜6時間半に及ぶ賃金交渉が未だ成立せずストライキに向け怠業行為を続行中。これにより約80%の便が遅延状態。
7月5日(火) 明日からイスタンブール国際ジャズフェスティバル開催
第12回イスタンブール国際ジャズフェスティバルが明日7月6日(水)〜17日(日)の間、開催されます。Tori Amos、Elvis Costello、Daianne Reeves(グラミー賞ジャズ歌手部門で3度受賞)、David Sanborn(アルトサクソフォン奏者)、Jamie Cullum(英国の有能ピアニスト)他世界各地からも多くの有名音楽家が参加。日本からもHiromiさんがジャズピアノの演奏を予定。プログラム詳細はこちらをご覧下さい。
7月4日(月) イスタンブールを中心に大雨の予想
昨夜からトラキヤ地方(イスタンブールの西)で降り続く大雨がイスタンブール地方にも影響し大雨と洪水になる恐れがあるとの注意が促されています。トルコ全域に広がる降雨予報と共に気温も5〜9度下がると予報。
7月4日(月) トルコ航空がストライキを予定
明日7月5日(火)にトルコ航空の従業員がストライキをすることを発表。賃金交渉が座礁に乗り上げたもの。ストライキが実行されれば、多くの観光客に影響を与えると懸念されています。
6月30日(木) トプカプ宮殿で盗難
トプカプ宮殿内で倉庫として使用されているカヴクの部屋(バクダッド キヨスクの裏あたり)から8品(ショール2点、標札2点、スルタンの花押(書き判)3点、木製屏風1点)が盗難。木製屏風だけでも約200万円相当と推定されています。犯人は28日(火)閉館以降、窓を割って侵入したもよう。現在犯人を捜索中。
6月29日(水) テレビの視聴時間は世界4位
文化スコアを測る調査(NOP World)によると1週間にテレビを視聴する時間の長さでトルコは世界4位(日本は10位)、ラジオを聞く時間は6位、コンピュータ(業務以外)の時間は8位、読書(雑誌も含む)は20位という結果が発表されました。
6月29日(水) 7月1日ガラタフェスティバル開催
第1回ガラタフェスティバルがイスタンブールのガラタ地区で7月1日から7月10日までの期間開催されます。長い歴史の中、様々な文化の入り混じった独特な雰囲気を持つガラタ地区の重要さを強調するために開催されるこのフェスティバルでは、ロック・ヒップホップ・パンク・ラップ・フラメンコ・ブルース等のコンサートの他、ダンスや劇等も行われます。オープニングは7月1日夕刻に各種の音楽グループ参加によるパレードがタクシム広場からガラタ地区に向けて行われます。
6月25日(土) クルクプナル開催
クルクプナル(オイルレスリング=油相撲)が今日から3日間の予定で開催され、最も強いバシュペーリヴァンの栄誉をかけて戦いが行われます。
6月23日(木) ハイダルパシャ駅が2009年に閉鎖
イスタンブールのアジア側の主要駅として利用されているハイダルパシャ駅が2009年4月28日のマルマライ計画工事完成と同時に廃止されることが発表されました。それ以降は国際商業、文化、芸術、コングレ、観光センターとして利用を予定。(マルマライ計画については2005年2月18日の記事をご覧ください。)
6月23日(木) ゼウグマモザイク博物館が今日オープン
世界で2番目に大きなモザイク博物館として、ガジアンテプにゼウグマ(Zeugma)モザイク博物館が今日オープンします。5,600平米の建物内にはゼウグマ古代都市から18年の歳月をかけて発掘された1,000平米分のモザイクをはじめ、150平米分のフレスコ画や3,700枚の硬貨、10万の刻印、Marsの彫刻他多くが展示されます。オープニングセレモニーにはエルドアン首相、コチュ文化観光大臣等が参加予定。
6月22日(水) イスタンブール−イズミール間の航空運賃がバスより安価?
Fly Airは明日からイスタンブール−イズミール間(週2便、所要約50分)を49YTL(約4,000円)にすることを発表。これに応じバス会社も値下げを行い、33〜56YTL。一部の料金においてはバスより航空運賃が安くなります。
6月21日(火) アンカラで夏至を祝う音楽祭
フランスで100年以上前に発祥した「夏至を音楽で祝う祭典」がアンカラで初めて開催されます。正午からYuksel通り、Kugulu公園、Karum周辺でオーケストラの演奏、コーラスを始め数々の音楽が披露されます。鑑賞無料。
6月21日(火) イスタンブールは世界で23番目に生活費の高い都市
米国調査会社マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング社による「世界144カ国の生活費」においてイスタンブールが23位(去年は18位)。最も生活費の高い都市は東京、2位が大阪、3位がロンドンと続きます。
6月21日(火) 私立大学の年間授業料発表
トルコ国内にある私立大学23校の2005年度の年間授業料が発表されました。学費は1万YTL(約80万円)〜2万6500YTL(約212万円)、それぞれ税抜金額のため上記料金に8%の税金が加算されます。
6月19日(日) 大学入試全国一斉試験
大学入試全国一斉試験(OSS)が本日9:30〜12:30の間に全国5,790施設89,314教室で行われます。今回は1,730,850人が受験予定、180問の試験が実施されます。
6月16日(木) イズミール国際フェスティバル開催
第19回イズミール国際フェスティバルが今日から7月16日までの間開催されます。このフェスティバルはイズミール文化芸術教育基金により開催されるもので、エフェソス(エフェス)古代劇場のほか各施設で各国の音楽やコンサート、バレエ等が催されます。プログラム詳細はこちらをご覧下さい。
6月16日(木) カレッタカレッタが産卵のために上陸開始
絶滅危惧種の亀カレッタカレッタが今年もダルヤンのイズトゥズに産卵のために上陸を開始しました。2005年度の見学者のため注意書も準備ができ観光客の受け入れ態勢も万端となりました。(カレッタカレッタ亀については「アンタルヤ観光−その他」コンテンツをご参照ください。
6月14日(火) 7月にロンドンでターキッシュ フォーラム開催予定
7月16日〜17日に第2回ターキッシュ フォーラムが開催されます。80のスタンドやメフテルを始めとした各種トルコ音楽のコンサートやダンス、ファッションショー等多数の催しが予定されています。
6月14日(火) アヤソフィアもライトアップ開始
昨日(13日付)の大手新聞のコラムニストが、「イスタンブールのスルタンアフメット周辺の歴史建造物のほとんどがライトアップしているにもかかわらず、アヤソフィアのみ暗闇の中である。」と記載したことに対し、観光省は今日からアヤソフィアのミナレットを点灯、そして10日以内に全体をライトアップすると発表。
6月12日(日) パタラビーチが又ヨーロッパで最も美しいビーチトップ10のリストに登場
先日(6/6)英国の新聞Sunday Timesにより世界で最も美しいビーチとして選ばれたアンタルヤのパタラ(Patara)ビーチが、今度は英国紙Daily Telegragh による「ヨーロッパで最も美しいビーチトップ10」のリストに登場。パタラビーチについては「アンタルヤ観光−近郊の街」コンテンツをご参照ください。
6月12日(日) ブルサ国際フェスティバル開始
第44回ブルサ国際フェスティバルが今日から7月5日までの間ピアノ、ダンス、劇を中心に開催されます。世界で活躍するピアニストIdril Biretのコンサートと共に祭典が始まり、フランス人ソプラニストEmma Shapplin、スペイン人フラメンコダンサーのGeraldo Nunez他、外国のポップスター、トルコ人歌手(ジャンダン エルチェティン、エブル ギュンデシュ、シベル ジャン他)など数多くが参加予定。チケットはブルサ市庁舎横TKMにて購入可能。プログラム詳細は(0224)220ー8848
6月12日(日) 高校入学一斉試験(LGS)が今日催行
高校入学のための一斉試験が今日トルコ国内の2,014校(40,003教室)で行われ、795,292人が受験予定。10時に開始され、4教科100問を2時間で行います。結果は7月の最終週に発表予定。
6月11日(土) アスペンドス国際オペラ・バレエ・フェスティバル開始
今日から第12回アスペンドス国際オペラ・バレエ・フェスティバルが開催されます。ヨーロッパ国際フェスティバル協会も認めることフェスティバルには、オーケストラの指揮者として世界でも第一人者と言われるJustus Frantz、UNESCOより最も素晴らしい芸術家として選ばれたValery Gergievも参加。フェスティバルはアスペンドス古代劇場(約1万人収容)で7月19日まで開催されます。プログラム詳細はこちらをご覧ください。
6月11日(土) 今日から夏休み開始
公立の小中学校は今日から一斉に夏休みが始まりました。9月13日(月)の新学期までの約3ヶ月間、生徒達は長い夏休みを楽しみます。
6月6日(月) 世界で最も美しいビーチリストで地中海のパタラビーチ
英国の新聞Sunday Timesが選ぶ「世界で最も美しいビーチ」のリストに地中海アンタルヤ県のパタラ(Patara)ビーチが選ばれました。 パタラビーチについては「アンタルヤ観光−近郊の街」をご参照ください。
6月6日(月) 世界のデラックスビーチ15選にボドルム
アメリカForbes誌の今月号の特集である「世界のデラックスビーチ15選」において、ボドルムのAkyarlarビーチが選出。他にはSt.Tropez、Miamiビーチなどが選ばれました。
6月6日(月) 国際イスタンブール音楽祭が今日開幕。
第33回国際イスタンブール音楽祭が今日6日から7月2日までの日程で開催。期間中約700人の音楽家が参加し、31のコンサートが予定されています。
6月6日(月) 世界ラリー選手権(WRC)第7戦トルコ大会優勝はLoeb選手
アンタルヤ ケメルにて開催された世界ラリー選手権(WRC)第7戦トルコ大会が5日(日)に終了。優勝やシトロエンチームのレーサーSebastian Loeb。2位はスバルのPetter Solberg、3位はプジョーの Marcus Gronholmという結果で幕を閉じました。この大会を収録したDVDは「WRC 世界ラリー選手権 2005 Vol.7 トルコ」として購入可能。
6月2日(木) 1泊3ドルで宿泊
トルコ国内の大学寮は夏季休暇期間中の7月1日から2ヶ月半の間、一般旅行者に開放。1泊3ドル(トルコ人は3YTL)で宿泊を提供することを発表。部屋は男女別々で1部屋4〜15人。合計約10万ベッドが提供可能。(Kredi ve Yurt Kurumu)
6月2日(木) 世界ラリー選手権(WRC)第7戦トルコ大会開催
アンタルヤ ケメルにて世界ラリー選手権(WRC)第7戦トルコ大会が本日アンタルヤで19時にセレモニアルスタート。引き続き明日から3日間の日程で開催されます。世界186カ国で放送予定。86ヶ国から約500人の報道陣がトルコ大会を取材、そのうち100名が日本からの報道陣。
6月2日(木) アスペンドス国際オペラ・バレエ・フェスティバルの日程発表
第12回アスペンドス国際オペラ・バレエ・フェスティバルが6月11日〜7月19日の間開催されます。2千年の歴史を持つアスペンドス古代劇場を舞台にオペラ、バレエ、コンサート等が繰り広げられます。プログラム詳細はこちらをご覧下さい。
6月1日(水) イスタンブールにツインタワー建設
イスタンブール・エセンテペ地区に27階建てのツインタワーを建設予定。1億ドルを費やし7つ星ホテル並のサービスが提供され、震度9の地震にも耐えられる建築。居住用168部屋(80〜300平米)、40オフィス、140店舗で2007年2月オープン予定。
6月1日(水) 新処罰法施行
TCK(トルコ処罰法)が大幅に改正され本日より施行されます。
5月30日(月) 第3ボスポラス橋計画
トルコのエルドアン首相は、イスタンブールのボスポラス海峡にアジア側とヨーロッパ側を結ぶ第3番目の橋をかけることを計画していることを発表。交通渋滞緩和を目的とするとともに美しい風景を作り出すことも念頭に置いて計画を実行させるための努力を惜しまないことを強調。
5月28日(土) 世界ラリー選手権(WRC)インフォメーションオフィスオープン
6月2日〜5日にアンタルヤ ケメルで開催される世界ラリー選手権第7戦トルコ大会に伴い、ケメルにあるグランド・ハベル・ホテルにてインフォメーションオフィスがオープン。
5月27日(金) テキルダゥで水道橋発見
テキルダゥ(Tekirdag)でローマ時代後半に建てられたと考えられる水道橋が発見されました。長さ15〜20mの遺跡の詳細は現在のところ不明ですが、今後調査される予定。
5月26日(木) BTC石油ライン開通式典
BTC(Baku-Tiflis-Ceyhan)石油ライン(1,774km)が昨日開通され、アゼルバイジャン、カザフスタン、ジョージア、トルコの大統領が記念式典を開催。ただし一部工事が未完成のためトルコのジェイハンへは年末頃に供給される予定。BTC石油ラインによりトルコは1日百万バレルの石油を得て、トルコを経由し世界への石油供給が実現することに。トルコは年間約2億5千万ドルの利益を予想。
5月26日(木) リバプールが大逆転勝利−UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦
ヨーロッパサッカーチームの頂点は英国リバプール。前半を3−0で終えた後、後半開始後すぐに3点を挽回。延長戦では両者無得点で3−3のままPKによる優勝決定戦となり、リバプールが優勝カップを手に入れました。(得点者は以下の通り: 試合開始直後、AC MilanのキャプテンMaldiniのシュートで1点先取。その後39分にCrespoのシュートで2点目を追加。44分にはCrespoが3点目をゴール。後半54分LiverpoolのキャプテンGerardがヘディングシュートで3−1、56分Smicerのシュートで3−2、60分にはXabi Alonsoがシュートを決め同点に。)
5月25日(水) ニシャンタシュが日曜日も営業
イスタンブールで最もファッショナブルな地区として高級ブティック、おしゃれなカフェやブティックが並ぶニシャンタシュが5月29日以降日曜日も営業を開始。日曜日の営業時間は12:00〜18:00。
5月25日(水) 世界で最も贅沢と称するホテルが6月ベレクにオープン
1億3000万ドルを費やして40万5千平方メートルの敷地を持つRixos(リキソス) Hotel Premium Belekが6月11日にオープン予定。一泊5百〜10万YTL。最初の一週間はすでに9割の予約状況。
5月25日(水) WHO(世界保健機構)よりトルコ人写真家3名がコンテストで受賞
WHOが主催した『健康と障害のイメージ」と題した写真コンテストにおいて3名のトルコ人が受賞。受賞作品のひとつは障害を持つ車椅子の若い男性が洗車をしながら生活を送っている様子を写真にしたもの。
5月25日(水) UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦(AC Milan対Liverpool)
イスタンブール アタチュルク オリンピック スタジアムで本日21:45(日本時間26日03:45)にキックオフ。世界200カ国が生中継を予定。日本ではスカイパーフェクトにて生中継予定(再放送あり)
5月23日(月) サッカーチームAC MilanとLiverpoolの選手達がイスタンブールに到着
5月25日に開催されるUEFAチャンピオンズリーグ優勝決定戦で戦うイタリアAC Milanの選手達と英国Liverpoolの選手達がそれぞれ特別機にて10分違いでイスタンブール空港に到着。多くの報道陣やファンの出迎えを受けた後、それぞれのホテルへ移動(AC Milanはポラット ルネサンス、Liverpoolはクラウン プラザで滞在)。試合が行われるアタチュルク オリンピック スタジアム では明日24日18:30〜AC Milan、20:00〜Liverpoolが最後の練習を行う予定。
5月22日(日) 博物館や遺跡などの貸切・一部使用等が可能に
トルコ文化観光省は6月15日〜10月1日までの期間、国内12箇所の博物館や遺跡を希望者に一定料金のもと貸切や一部使用を許可することを発表。トプカプ宮殿・ユルドゥズ宮殿(平日2、250YTL、週末3,000YTL)、アスペンドス古代劇場(7、500YTL〜)等。
5月19日(木) 「アタチュルク記念日および青年とスポーツの日」
今日は「アタチュルク記念日および青年とスポーツの日」のため祝日となります。この祝日についての詳細は5月19日をご覧下さい
5月18日(水) ガソリン値下げ
ガソリンの価格が平均0.8〜1.2%値下げされ、イスタンブールではレギュラー1リットル2.49〜2.5YTL(約195円)となりました。
5月18日(水) トルコ航空が預かり荷物紛失率の少なさでヨーロッパ第2位
ヨーロッパ航空会社連盟の調査によるとヨーロッパ系航空会社23社のうちトルコ航空は預かり荷物紛失率が2番目に少ない航空会社という結果が発表されました。1位はマルタ航空で1,000人のうち2.9個が紛失、トルコ航空は4.6個、下位の航空会社数社は20個以上の紛失があるという結果が発表されました。
5月18日(水) 今日と明日、博物館及び遺跡が入場無料
5月18日〜24日の博物館週間にちなみ今日(5/18)と明日(5/19)の2日間、トルコ国内の公立の博物館及び遺跡の入場が無料となります。多くの博物館等では特別展示やスライドショー、ガイド付きツアーなども企画されています。文化観光省の発表によると去年1年間の公立の博物館及び遺跡の入場者数は15,585,086人。
5月17日(火) タルカンがロンドンに家を購入、ムスタファ サンダルは?
タルカンはロンドンの高級住宅街West Endに家を購入、現在居住中のニューヨークからロンドンに引越し予定。同じ地区に家を持つタルカンの永遠のライバル、ムスタファ サンダルはタルカンが家を購入した数日後に家を売却。今後はイスタンブールを拠点とする意思を発表しています。
5月13日(金) 今年の夏は猛暑の予想
アメリカNASAからの報告によると今年のトルコは過去25年間で最高の暑さと長さになるとのこと。これに伴い各地で山火事にそなえた対策を例年より1ヶ月早めに行うよう警告が出されました。
5月12日(木) フォームラ1(Formula1)がヒポドロム広場でショー
5月15日(日)にイスタンブールのスルタンアフメット・ヒポドロム広場でルノー(Renault)F1レーサーのフェルナンド・アランソ(Fernando Alanso) がF1車でショーを行います。F1車の展示の他、予想最高速度250kmでの周回を予定。一般公開で入場無料。この日はスルタンアフメット地区への一般観光バスの出入りが規制されます。トルコにおけるフォーミュラ1についてはこちらをご覧下さい。
5月12日(木) イスタンブールは世界6位の摩天楼都市
ドイツの「Der Spiegel」によると、高層ビルの数が世界で最も多いのが香港、2位にニューヨーク、イスタンブールは第6位、東京は第7位という結果が発表されました。
5月12日(木) ガラタサライが勝利
昨夜行われた第43回トルコカップ決勝戦でガラタサライがフェナルバフチェに5−1で勝利。14度目のカップを手にし、ガラタサライ設立100周年を優勝で祝うこととなりました。
16分にRibery(G)、25分Necati(G)、38分Deniz(G)、41分Luciano(F)、72分Hakan Sukur(G)、88分Hakan Sukur(G)がゴールを極めました。
5月11日(水) 第43回トルコカップ決勝戦(ガラタサライ対フェナルバフチェ)
本日21時よりイスタンブール・アタチュルクオリンピック・スタジアムでトルコサッカーの決勝戦(ガラタサライ対フェナルバフチェ)が行われます。

5月11日(水) 2005年のブルーフラッグ受賞のビーチとマリーナ公表
厳しい基準のもと選ばれる美しいビーチとマリーナに与えられるブルーフラッグ賞が発表され、トルコにおいては174ビーチ、12マリーナが受賞。ビーチにおいては去年の151ビーチを上回る数字となりました。トルコにおけるブルーフラッグ受賞ビーチ及びマリーナはこちらをご覧下さい。
5月9日(月) 電話料金が密かに一部値上げ
市内通話の夜間割引が5月1日から一部内容変更されていたことが明らかとなりました。。市内通話の夜間料金適用は20時〜8時まで半額とされていましたが、5月1日以降23時〜7時までの適用に変更。割引適用時間が今までの12時間から8時間に短縮されたもの。
5月8日(日) 400万年前の洞窟発見
デニズリ県で地質学上400万年、考古学上少なくとも1800年前の洞窟が7つ発見されました。深さ30m、高さ1.5m、幅60cmの洞窟は世界でも珍しいもので、洞窟地図を作成する他、中で生活していた生物についても研究し、いずれは観光地として公開できるように作業を進める予定。
5月7日(土) セルタブの新アルバム
セルタブ エレネル(Sertab Erener)は5月12日に新アルバム「Ask Olmez(アシュク オルメズ)」を発売予定。 このアルバムの中の7曲は自ら作詞をしたもの。
5月5日(木) 今夜はHidrellez(フドレルレズ)の夜
春の訪れと自然界の目覚めを祝うフドレルレズ(Hidrellez)の祭典の夜です。各地では夕刻から明日にかけて様々な催しやパレードが予定されています。
5月5日(木) チャンピオンズ リーグの決戦チーム決定
昨夜行われたUEFAチャンピオンズリーグ(ヨーロッパサッカーの権威ある大会)の準決勝戦の結果により、5月25日にイスタンブールで開催される決勝戦では、英国のリバプール(Liverpool)とイタリアのACミラン(Milan)が優勝カップをかけて対決することとなることが決まりました。
5月5日(木) MSNの地域本部にイスタンブール
MSN(マイクロソフトネットワーク)は中東及びアフリカ地域の国々を総括する本部をイスタンブールに置くことが決定。イスタンブールがMSN MEA(Middle East &Africa)本部となることはトルコのコンピュター産業の発展につながると期待が高まっています。
5月3日(火) イスタンブールで40時間断水予定
イスタンブール水道局は水質をきれいにするためにイスタンブール・ヨーロッパ側の大部分を今日午前10時から5日(木)午前2時まで断水を決行。対象範囲は、Kagithane、Sariyer、Sisili、Gaziosmanpasa、Eyup、Beyoglu、Bayrampasa、Fatih、Eminonu、Esenler、Besiktasです。
5月3日(火) カッパドキアにUFO博物館
カッパドキア地方のギョレメ地区に世界で5番目のUFO博物館が5月末に開館予定。カッパドキア地方での目撃情報が多いことなどからそれらの写真や資料等約5千点が展示。
5月2日(月) カッパドキアに日本人街
アンカラにある土日基金はトルコと日本の関係を強化し、観光客にも親しめる場所を提供するためにトルコ国内に日本人街を設立したい意向を発表。候補となるカッパドキア地方のウルギュップ(ユルギュップ)にある100万平方メートルの敷地はカッパドキア地方を見渡せる丘の上にあり、日本人が生活しやすい環境作りを目指し、今年6月に具体的な計画をたてる方向で取り組む予定。
5月1日(日) メーデーの祭典
トルコ各都市で労働者によるメーデーの祭典が行われました。イスタンブールのタクシム広場では許可なくデモする47人が連行された他は大きな事件もなく無事に祭典が終わりました。
4月30日(土) サビハ ギョクチェン国際空港からトルコ航空定期運行便開始記念式典
イスタンブール・アタチュルク国際空港〈IST〉の便数増加により、新しくアジア側(Pendikペンディク)に建設されたイスタンブール・サビハ ギョクチェン(Sabiha Gokcen)国際空港〈SAW〉からトルコ航空の定期運行便が開始され、この日特別式典が行われました。現在SAWからの国内線各便89YTLの特別価格にて販売中(6月25日搭乗分まで)。
4月30日(土) 5月1日イスタンブール内道路規制
5月1日10:00〜16:00にカドゥキョイ港広場で行われるメーデーの祭典に伴い、会場周辺道路(Boga MeydaniからRihtim Cad)が午前7時から閉鎖されますのでご注意ください。
4月28日(木) ガラタ塔周辺整備計画
イスタンブール市長はガラタ塔周辺を大整備し、ジェノヴァ人達が残した建造物の多いHendek通りを歩行者天国としカフェやレストラン、ブティック他文化的にもイタリアの雰囲気を持つ「イタリア通り」として整備することを発表。古代劇場建設計画の意向も付け加えました。現在人気の「フランス通り」と共に「イタリア通り」の繁栄を期待して準備しているとのこと。
4月28日(木) 豪華客船初出航
5つ星ホテル同様の施設を備えた豪華客船「MSC Opera号」が昨日イスタンブールから地中海ツアーに初出航。寄港地はクロアチア、イタリア、ギリシャ、クシャダス(トルコ)で再びイスタンブールに帰航。毎週水曜日に出航し今年は10月5日まで運行予定。「MSC Opera号」は長さ251m幅28mで2,200人収容、4つのレストラン、千人収容の劇場、プール、カジノ、ミニゴルフ場他多くの施設を完備。イタリアMSC社とトルコArkas Holdingとの合同でトルコ初のクルーズ会社として設立されたMSCクルーズ トルコにより運営されています。
4月28日(木) 1人当たりの国民所得は世界65位
IMF(世界通貨基金)によるとトルコは2004年の1人当たりの国民所得が4,251ドルで180カ国中65位と発表されました。1位はルクセンブルクで69,929ドル、日本は36,575ドルで10位の結果となりま
した。
4月26日(火) イスティクラル通り大整備計画
地下構造の問題から年に30〜40回堀られているというイスティクラル通り(イスタンブール・タクシム広場近く)とその周辺の問題を解決するために大整備計画がイスタンブール市長により発表されました。イスティクラル通りには厚さ8cmの花崗岩の石を敷き、必要に応じてその石を取去り地下の作業を行えるというもの。石には黒、グレー、ワイン色が使用される予定。イスティクラル通りの作業は6月末に開始され約2ヶ月で完成予定。周辺道路に関してもその前後に行われる予定。
4月26日(火) ラルフ・シューマッハ−が来訪
ファーミュラ1(F1)パナソニック・トヨタ・レーシングのレーサーであるラルフ・シューマッハ−が特別機にてイスタンブールに到着し、8月に行われるイスタンブール大会のコースを見学。ピスト設計者とも談話し、初めて行われるイスタンブール大会を興奮しながら待ち望んでいる、と会見。又、今年から日本人と共に働くようになりとても快適な環境であり、日本人の明確な論理のもと働くことは大変有益だと付け加えました。(F1イスタンブール大会については当サイトのフォーミュラ1をご覧ください。)
4月25日(月) アンザック(ANZAC)追悼式
アンザック(オーストラリア・ニュージーランド連合軍)の日とされる今日、チャナッカレ(ガリポリ)戦争で戦死した両国の勇者を追悼する式典が午前5:30からチャナッカレで行われました。両国あわせて1万人を超える人々が参加し、英国のチャールズ皇太子、オーストラリア・ニュージーランドの各首相が追悼の言葉を述べました。トルコ代表としてはチャナッカレ副市長が参加。
4月25日(月) アンカラ−イスタンブール間約3時間の鉄道計画
TCDD(トルコ共和国鉄道協会)はアンカラ−イスタンブール間の高速電車計画を発表。2都市間約550kmを最高時速250kmにより3時間10分で結ぶ計画。2007年完成予定。
4月25日(月) インフレーション率に朗報
過去10年間、インフレーション率で常に上位10位以内だったトルコは、前年のインフレーション率は10.2%で世界30位の結果となりました(IMF世界通貨基金の調査)。2003年は8位、2002年は4位という悪評から一気に順位を下げ、今後も順位を下げ続けるとIMFは予想しています。
4月25日(月) チャナッカレ戦争(ガリポリ戦争)90周年記念式典
チャナッカレ戦争の90周年を記念して24日チャナッカレのヤルムアダにて国際的式典が行われました。オーストラリアやニュージーランドを始めとし、戦争に参加したカナダ、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、英国、南アフリカの代表が参加。トルコからはエルドアン首相が参列し、無名戦士達への追悼とともに今後とも各国と友好を深めていくことを確認。
4月23日(土) 今日は、独立(国民議会設立)記念日および子供の日(祝日)
今日は独立戦争により国民主権を獲得した85回目の記念日及び子供の日のため祝日です。各地で様々な催しが開催、特に子供達のパレードやショーがメインの祝日。
4月23日(土) イスタンブール−セラニク(ギリシャ)間を結ぶ鉄道運行開始予定
ギリシャとの友好を強化するためと観光客確保のために約10年間に及ぶ計画の後イスタンブールとセラニクを結ぶ鉄道が5月末から運行予定。夜行寝台列車となり両地点からそれぞれ毎日1便が運行。
4月23日(土) タルカン、ハリウッドでCM撮影
人気ポップスタータルカンが今年からCM契約を結んだAVEAのCM製作のためハリウッド・パラマウント・フィルム・スタジオにて「Ask Sesini Duymak Ister(愛しい声を聞きたい)」と題したCM撮り4本を行う。これによりハリウッドで撮影を行う最初のトルコ人スターとなりました。 CMは5月1日から放送予定。
4月22日(金) UEFAチャンピオンズリーグの優勝カップが今日イスタンブールへ
5月25日にイスタンブールで開催されるUEFAチャンピオンズリーグ(ヨーロッパサッカーの権威ある大会)決勝戦のため優勝カップが今日飛行機でスペインから到着予定。前回の優勝チームであるポルト(Porto)からイスタンブール市長に手渡す式典が20:00〜24:00までタクシム広場で催されます(10カ国のテレビ中継あり)。式典では人気歌手ムスタファ・サンダルのコンサートや花火の打ち上げなどが予定されており、周辺道路は一部閉鎖されるのでご注意下さい。
4月21日(木) 重量挙げでメダルの嵐
ブルガリアの首都ソフィアで開催中のヨーロッパ重量挙げ選手権で62kg級のハリル ムトゥル(Halil Mutlu)選手が3つの金メダルを獲得。その他2選手も複数のメダルを獲得。トルコの重量挙げの強さを示す結果となりました。 
4月21日(木) トルコ音楽産業賞にセルダル オルタチュ
第3回音楽製作者組合主催のトルコ音楽産業賞にセルダル オルタチュ(Serdar Ortac)がアルバム「Cakra(チャクラ)」の売上第1位として受賞。その他15人が各賞を受賞。
4月20日(水) 今夜はメヴリド カンディリ
今夜はメヴリド カンディリ(Mevlid Kandili)。預言者ムハムメッドの1434回目の誕生日となるためイスラム教徒にとっては神聖な夜。(カンディルについてはこちらをご参照ください。)
4月20日(水) 中村俊輔選手とトルコサッカーチームが入団交渉
トルコのサッカーチーム・ガラタサライは現在イタリア・レッジーナで活躍中の中村俊輔選手の入団交渉を開始。1回目の交渉ではレッジーナとの金額合意ができず交渉は不成立。しかしガラタサライは中村選手の入団を熱望しているため再交渉される予定。
4月19日(火) 11世紀の沈没船発見?
トルコ最大の建設計画であるマルマライ計画(ボスポラス海峡横断地下鉄整備事業)における建設中に海底に眠る沈没船と思われる船首を発見。11世紀末(東ローマ帝国時代)まで港として利用されていたYenikapi付近での発見は11世紀またはそれ以前の時代の船であることが予想され、考古学者により海底に埋まっている船体の発掘調査が開始される予定。
4月18日(月) イスタンブール国際映画祭が幕、日本映画が最高賞を受賞
第24回イスタンブール国際映画祭が17日幕を閉じました。この映画祭の最高賞であるAltin Lale(黄金のチューリップ)賞は次の2作品が分け合う形での授賞。 ひとつは、小津安二郎監督生誕100年を記念して作られた台湾人侯孝賢監督作品、浅野忠信さん及び一青窈さん主演の「珈琲(コーヒー)時光」。もうひとつは、ベルギー人Frederic Fonteyne監督作品「Gilles’ Wife」。
4月18日(月) トルコの輸入増加率は世界第1位
世界貿易機構(WTO)の調査による2004年のトルコの輸入額は世界第22位、しかし前年比40%増で輸入増加率では世界第1位となりました。輸出額は世界第35位。輸入額第1位はドイツ、輸出額第1位は米国。
4月15日(金) トルコ経済は世界第21位
IMF(国際通貨基金)が去年(2004年)の国別国民所得をもとに世界の経済順位を発表。トルコは前年より1ランク上昇し、21位。1位はアメリカ、日本は2位の結果となりました。
4月14日(木) 2005年度の学校予定発表
文部省が2005年度学校予定(授業日程)を発表。前期は2005年9月12日〜2006年1月9日、後期は2006年1月30日〜6月12日。尚、今年度(2004年度)は6月10日に終了予定。
4月12日(火) トルコは世界5番目に物価の安い国
OECD(経済協力開発機構)加盟国の中で5番目に物価の安い国と発表されました。1位はチェコ、次にスロベニア、ポーランド、メキシコと続きトルコはハンガリーと並び5位。一番物価の高い国はアイスランド、日本は5番目に物価の高い国という結果となりました。
4月9日(土) トルコに春の訪れ
先週まで季節はずれの寒波に覆われていたトルコにようやく春が訪れました。全国的に好天に恵まれ、地中海地方では30度近くになるほど暖かい気候となり本格的な春到来となりました。
4月8日(金) ローマ法王の葬儀に半旗
バチカンで行われるローマ法王の葬儀に際し、トルコ国内の全ての公共施設では日没まで半旗を揚げ弔意を表することとなります。尚、葬儀にはトルコ首相エルドアン氏が参列。
4月6日(水) ピューリッツァー賞にトルコ人
ジャーナリストにとっての最高賞であるピューリッツァー賞のフラッシュニュース部門でAP通信社所属のトルコ人写真家で36歳のMurad Sezer(ムラド セゼル)がトルコ人として初めて受賞。対象作品はイラク戦争における数々の場面を撮影したもの。
4月5日(火) ガソリン値上げ
本日よりガソリン料金が平均2.6〜7%値上げされました。新価格はイスタンブールでレギュラー1リットルが2.55YTL(約202.5円)。
4月4日(月) セルタブ(Sertab)が天皇招待により日本でコンサート
2003年ユーロビジョン優勝者であるトルコの歌手セルタブが天皇招待により4月15日に日本でコンサートを開催。持ち歌の他「さくら」も唄う予定。(日本で購入可能なCD:「ノー・バウンダリーズ」「Turuncu」「Sertab Erner」等)
4月3日(日) 世界のトップ企業2000社に11のトルコ企業
アメリカの雑誌「フォーブス」による「世界のリーディングカンパニー(トップ企業)2000社」の中に トルコの11企業がランクイン。リストに名を連ねた企業は次の通りです。Is Bankasi, Akbank, Sabanci grubu, Koc Grubu, Garanti Bankasi, Turkcell, Tupras, Dogan Holding, Yapi Kredi Bankasi, Petrol Ofisi, Finansbank
4月1日(金) イスタンブール国際映画祭開催
第24回イスタンブール国際映画祭が本日オープニングセレモニーが開催(ゲストにソフィア・ローレンが参加)され、明日から4月17日まで世界の約170の映画が上映されます。
4月1日(金) GNP9.9%増加、GDPは8.9%増加
2004年のGNP(国民総生産)は前年比較9.9%の急上昇を遂げたと発表されました。一人当たりのGNPはひとり4,172ドルで過去最高金額、国民総生産額は2,994億7千5百万ドル、GDP(国内総生産)額は3,005億7千8百万ドル。
3月31日(木) クレジットカード分割払いの規制
クレジットカードでの分割払いが過剰に利用されていることから明日4月1日以降は食品及びガソリン等日常消耗品に関しての分割払いの禁止を発表。これにより分割払いが利用できる商品は電化製品や衣料等一部商品に限られることとなります。
3月27日(日) サマータイム開始
本日午前1時に時計を1時間進め午前2時として調整。サマータイムの適用が開始されました。サマータイムは10月30日午前2時に1時間戻すことにより適用が終了します。
3月24日(木) 国旗に敬意
春分の日にメルシンで行われた行事においてトルコ国旗が焼かれた事件に対し、本日、国をあげて国旗に敬意を表す日となりました。公共施設、公共交通機関を始め、会社、店舗、各家庭には多くの国旗が掲揚され、全テレビ局のスクリーンには国旗が表示され放送されています。
3月18日(金) チャナッカレ戦争(ガリポリ戦争)勝利記念日
1915年英国の指令によるダーダネル海峡侵略に対しトルコ軍隊が勝利を治めた日。これによりチャナッカレで国をあげての記念祭が行われました。
3月15日(火) サンタクロース論争勃発
サンタクロースのモデルとなったトルコ出身の聖ニコラスの教会前にあるロシアから贈られた聖ニコラスの胴像が市の独自の意向により突如として赤と白の衣装を身につけたサンタクロース像に変えられたことから国内だけでなく国際問題として大きな波紋をよんでいます。聖ニコラスのイメージとサンタクロースのイメージとどちらを優先するかなども含めて今後、聖ニコラス像をめぐっての論争は長引くことが予想されています。過去と現在の像についてはこちらをご覧ください。
2月26日(土) トルコの観光産業についての結果発表
2004年のトルコの観光客は、75%がヨーロッパから、残りの25%はロシアを中心としたその他の国からの旅行者であると発表。また、観光産業は世界で9番目の上昇率であったとのこと。新しいホテルの建設や、施設の改善等が推進され、トルコの観光産業への期待が高まっています。
2月19日(土) ガソリン値上げ
本日よりガソリン料金が値上げされます。新価格はレギュラー1リットル2.38〜2.39YTL(約193円)となります。
2月18日(金) マルマライ計画に日本が987億3200万円(約9億5千万ドル)を融資
イスタンブール のマルマラ海沿岸(アジア〜ヨーロッパ)を結ぶ鉄道計画(ボスポラス海峡にトンネルを作る計画も含みます)において日本の国際協力銀行(JBIC)が上記金額を40年期限で利子0.75%で融資をすると署名。今回の金額は日本がひとつの国に対して行った融資の最高額となります。詳細については国際協力銀行HP内のトピックをご参照ください。
(http://www.jbic.go.jp/autocontents/japanese/news/2005/000016/index.htm)
2月11日(金) たばこ一部値上げ
本日より一部のたばこにおいて2.9〜15%の値上げが施行。新価格はマルボロ3.75YTL(約298円)、パーラメント100RC3.90YTL(約310円)等。
2月9日(水) 続イスタンブール大雪の影響
6日(日)頃からの寒波によるイスタンブールの大雪は今も尚、街中を麻痺させていますが、今週末をめどにようやく回復に向かう予報。学校は今日も引き続き休校となります。
2月7日(月) イスタンブール大雪の影響
寒波襲来によりイスタンブールの各方面で雪や風の影響が発生。学校は今日と明日の休校を決定、フェリーや連絡船は欠航、飛行機もキャンセルや遅延、道路上の事故等が相次いでいます。この雪の影響は9日(水)まで続く模様。
1月31日(月) Jリーグ、ジェフユナイテッドのチームがキャンプのためアンタルヤへ到着
昨日30日のトルコ航空を利用してイスタンブールに到着したJリーグ、ジェフユナイテッドのチームが、キャンプのためアンタルヤに到着。2月14日までアンタルヤ近郊のベレクに滞在予定。詳細はこちらをご覧下さい。
1月31日(月) トルコにビル ゲイツ来訪
トルコの首相エルドアン氏の招待で、昨日30日にマイクロソフト社の創始者ビル ゲイツがトルコを訪れ首相と会談。ビル ゲイツは会談中、トルコのソフトフェア業界が将来有望であること、又、イスタンブールで計画中のシリコンバレーのような技術都市にソフトフェア社が最初の顧客になることを申し出。4時間の短いトルコ滞在でしたが、再度トルコに訪問することを約束し、帰国の途につきました。
1月22日(土) ロンドンで「トルコ民族1,000年の道」大展示会開始
ロンドンにあるロイヤル芸術アカデミー(Royal Academy of Art)において本日より「トルコ民族1,000年の道(600〜1600)」と題した大展示会が今日から公開されました。中央アジアから西方に旅して大帝国を作り上げたトルコ民族の歴史的遺物や貴重な芸術作品、宝石等多数が展示され、1930年以降ロンドンで行われた最大の展示会となりました。4月22日まで開催され、期間中世界各国より40万人以上の来館者が期待されています。
1月20日(木) クルバンバイラム始まる
クルバンバイラム(犠牲祭)は、今日から4日間(23日まで)の日程で祝われます。
1月19日(水) クルバンバイラムのアリフェの日
明日20日(木)から始まるクルバンバイラムのアリフェ(前日)となるため、本日午後から祝日から祝日が始まります。
1月15日(土) 住宅ローンシステム開始
家を購入するための住宅ローンシステムが導入されました。ただし20年以内の返済に限り、利息は1.8〜2%。又、10年以上の返済期間は25歳まで、10年未満なら30歳までの年齢制限あり。
1月14日(金) クルバンバイラム期間中、有料道路を無料開放
クルバンバイラム期間となる1月19日(金)24時から1月23日24時までの間、トルコ国内の有料道路やイスタンブールのボスポラス橋の通行料を無料とすることが決定。アンカラをはじめとし、都市によっては公共バスやメトロも無料となります。
1月13日(木) 明日14日から学期末休暇とすることを決定
文部省は明日14日(金)から公立の小中学校の学期末休暇にすると発表。通常より5日早い休暇は今月19日から始まるクルバンバイラムの休暇に対応したもの。後期は2月7日(月)から開始され、通常より2.5日多く授業を予定。
1月11日(火) ボブ ディランの家系はトルコ人
米国の歌手ボブ ディランがこのほど出版した自伝の中で曾祖母がトルコの黒海出身であると発表したため地元トラブゾンでは大きな話題となっています。
1月01日(土) 新通貨(YTL)流通開始
デノミにより6桁削除した新トルコリラ(YTL)の流通が始まる。詳細は通貨コンテンツをご覧下さい。


HOME



©Copyright 2004 JP-TR