JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



ロクム(Lokum) /  ターキッシュ デライト(Turkish Delight)


     ロクムは14〜15世紀の頃からトルコにあるお菓子です。日本の求肥(ぎゅうひ)やゆべしに似ているとも言われるロクムですが、このロクムがトルコの代表的なおみやげのひとつとして知られるようになったのは、ハジ ベキル(Haci Bekir)というお菓子職人のおかげと言えるかもしれません。

18世紀になり、ヨーロッパからトルコに砂糖が輸入されるようになってから、それまでの蜂蜜やペクメズ(ぶどうから作る果糖)で作っていたお菓子を一層おいしくすると共にそれまでとは違った新しいデザートを作ろうとお菓子職人達が競っておいしいお菓子作りを始めました。ハジ ベキルもお菓子作りに情熱を燃やす職人のひとりだったのです。

ハジ ベキルは、1777年にイスタンブールでお菓子の製造販売をする小さなお店を開店しました。彼のお菓子のおいしさはすぐに街の人達を魅了し、その噂が宮殿にまで届き、スルタンのお気に入りとなりました。そしてハジ ベキルを宮殿のお菓子職人のチーフとして任命したのです。

ハジ ベキルが亡くなった後、その息子のムヒッディン(Muhiddin)が後継ぎとなり、彼の時代にはヨーロッパで開催される数々のお菓子フェアで賞を受賞し、ロクムを世に広めることとなりました。ムヒッディンの息子のアリ(Ali)の時代にはエジプトに店を開店させると共にアメリカにもロクム人気を巻き起こし、ロクムを世界各国に輸出するようになりました。もちろんハジ ベキルの味を受け継いだムヒッディンもアリも宮殿のお菓子職人のチーフとしての地位を得ることとなりました。現在、ハジ ベキルのお店は3人の名前を取り、アリ ムヒッディン ハジ ベキルとしてトルコで最も有名なロクム店として営業しています。

マルタ人画家によって描かれたハジ ベキルの絵は現在パリのルーブル美術館にあり、そのコピーはイスタンブールのトプカプ宮殿に飾られてあります。
   

ロクムは最初、オスマン語でRahat-ul-hulkum (のどを和らげるという意味)で呼ばれていました。それが時代を経て Rahat Lokum(ラハト ロクム)と呼ばれるようになり今では単にロクムとだけ呼ぶようになりました。19世紀にイギリス人旅行者がこのロクムを自国に持ち帰り「トルコ人の喜び(楽しみ)」という意味のTurkish Delightとして紹介したために、ヨーロッパではこの名前で有名になったといいます。

トルココーヒーはその昔、砂糖を加えず苦いまま飲んでいたため、コーヒーを飲みながらロクムを食べるという、ちょうど日本の茶道と同じお茶菓子的存在だったようです。

ロクムの材料は、基本的にとてもシンプルです。砂糖、コーンスターチ、クリームオブタータ(酒石酸水素カリウム)が主なものですが、その作り方は難しく、温度や混ぜ方に注意しないと堅くなりすぎたり、不透明な色になったりしてしまい、おいしいロクムを作ることができません。従って料理好きのトルコ人でもロクムに関しては購入する方が多いようです。

ロクムの種類

プレーン、ローズウォーター(ばら水)、ピスタチオナッツ、ヘーゼルナッツ、くるみ、アーモンド、ココナッツ、しょうが、オレンジ、レモン、いちご、ベルガモット、ミント、シナモン、生クリーム、チョコレート他多数

良質のロクムは常温で約6ヶ月品質保持できます。(ただし、生クリーム入りは約1週間)

生クリーム入りのロクムに関しては、アフィヨン(Afyon)という街で作られるロクムが有名です。この街は食の街としても有名ですがその中でも生クリーム(Kaymakカイマク)が有名で、それを原料として作られたロクム(Kaymakli Lokumカイマクル ロクム)は格別なものと言われています。

トルコ最大手の全国紙ヒュリエット(Hurriyet)新聞が選んだトルコの最もおいしいロクム店トップ10が発表されました(2005年1月21日付)。下記がそのリストです。

 1位  Hacibekir (ハジベキル) − イスタンブール
 2位  Sekerci Ali Galip (シェケルジ アリ ガリプ) − イズミール
 3位  Cemilzade (ジェミルザデ) − イスタンブール
 4位  Safrantat Lokumcusu (サフランタト ロクムジュス) − サフランボル
 5位  Malatya Pazari (マラティヤ パザル) − イスタンブール
 6位  Divan Pastanesi (ディヴァン パスタネシ) − イスタンブール
 7位  Ikbal (イクバル) − アフィヨン
 8位  Yeni Ugur Helvacisi (イェニ ウゥル ヘルヴァジュス) − アダナ
 9位  Oguz Uzun Sekermecisi (シェケルメジシ) − アンカラ
10位  Tugba Kuruyemis (トゥバ クルイェミシュ) − アイデゥン   


トルコ料理に関する書籍

*「イスタンブール食彩紀行―食を愛する人々が暮らす街」 小林カツ代著
*「トルコ家庭料理レシピ集―簡単!ヘルシーCooking」 アリ・タスバシ著
*「トルコ料理―東西交差路の食風景World Cooking」 柴田書店編集
*「トルコヨーグルト料理レシピ集味と出会うシリーズ」 プナール トゥラン著


カテゴリー: 生活習慣 − グルメ − ロクム(ターキッシュ デライト)


HOME



©Copyright 2004 JP-TR