JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



メヴラーナ(Mevlana)


    メヴラーナ ジェラレッディン ルミ(Mevlana Celaleddin Rumi)は、詩人かつ神秘主義的哲学者であり、宗教上の指導者としてその名を残しています。

1207年にアフガニスタンで生まれた後、1220年にコンヤ(Konya)に移り、1231年に宗教科学の学者としての地位を得た後、自分の知識や思想を多くの人達に伝えつづけました。

彼の協議においては限りなく寛容で肯定的な理論、慈善と善良を擁護し心の愛を自覚することを追求していたのです。そして彼の目標は神と人間の心がひとつとなることだったのです。そのためイスラム教という枠を越え、宗教が何であってもどんな過去を持とうとも全ての人を受け入れる精神を持っていました。

メヴラーナはメスンエヴィ(Mesnevi)と呼ばれる25,700詩もの書物(全6巻)を書き上げ、哲学的かつ神秘的・精神的メッセージを含む奥深い宗教的意味のある貴重なものとなりました。

メヴラーナは1273年にコンヤで逝去し、現在コンヤのメヴラーナ博物館内の石棺に眠っています。彼の死後、彼を慕う使徒達(メヴレヴィMevlevi/スーフィーSufi)は、音楽とダンスによってメヴラーナの思想を表現しました。メヴラーナによるとこの世に存在するものは全て無限に回転(循環)するものであると唱えました。生命も電子も血も地球も全て回り続けます。精神を無にして回りつづけることにより神にさえ心が届くのです。このダンスのことをセマ(Sema)と呼び、一般に「回る修道僧」として知られています。

セマ

修道士達は白く長い衣装を身に付け黒いマントをはおい、らくだの毛から作られた円柱形の帽子をかぶります。そしてセレモニーが始まる時、黒いマントを脱ぐことにより精神が生まれ変わります。セレモニーが始まると右手を空に向け、神の慈善を受取る準備をします。左手は下(地球)に向け、身体を軸にして右から左方向に回り続けます。これにより神から受取った精神を心身を通じて地球に伝えるのです。

セマはメヴラーナ追悼祭として毎年12月10日から17日までコンヤで開催されます。最終日の12月17日はメヴラーナの逝去した日であり、メヴラーナが神とひとつになった日と考えられるため追悼祭は最高潮となります。又、シーズンによりコンヤのホテルやレストラン、イスタンブールのガラタメヴレヴィ館等でもセマを見学することが可能です。
   


セマの音楽CD


*「トルコ・メヴレヴィー教団のスーフィー儀礼
*「Sufi Music of Turkey
*「Sufi Music from Turkey
*「Sufi Music From Turkey

スーフィーに関する書籍

*「スーフィー―西欧と極東にかくされたイスラームの神秘



カテゴリー: − その他 − 有名人 − メヴラーナ


HOME



©Copyright 2004 JP-TR