JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



ナーズム ヒクメット Nazim Hikmet(1902〜1963年)


     近代トルコ語文学を代表する詩人で、世界においても20世紀の偉大なる詩人の1人として知られ、彼の作品は50ヶ国語以上に翻訳されて出版されています。

19世紀にオスマントルコ帝国が衰退しはじめ次第に各地で民族ごとに独立してゆき、第一次世界大戦後完全に帝国が解体された後、トルコでは民族解放戦争が起こり民族意識を人々に訴える作品が登場しまじめました。そんな中、ナーズム ヒクメットは反戦・平和を求める強い意識のもと社会改革を訴える数々の作品を執筆しました。詩人として知られていますが詩だけでなく小説、映画台本、戯曲等の作品もあります。彼の抒情詩は歌のように韻をふみ、哲学的な内容で多くの教訓を与え、その中には情熱的な愛や故郷を思いやる心が描かれています。そして作品の多くは彼の波乱万丈の人生を映し出すものであり、自意識を持ち、現実を訴え、人間が持つ本来の気持ちを忠実に表したものです。

略歴


1902年 オスマントルコ帝国の都市サロニカ(現ギリシャ・テッサロニキ)に生まれる。
  その後イスタンブールで過ごす。
   祖父が詩が好きでその友人達の影響を受け11歳の時初めての詩を書き、17歳で初出版する。
  海軍兵学校に入るが第一次世界大戦後の連合軍占領の時、教鞭を取るために東部トルコへ向かう。
1922年 国境を越えモスクワへ行き、ロシア改革と共産主義に魅了される。
   モスクワの東洋勤労者共産主義大学で政治経済を学ぶと共に世界中から来ている学生や芸術家達と知り合う。
1924年 トルコに帰国
   左翼系新聞「アイドゥンルック」に掲載された記事と詩のため15年の刑を受ける。
1926年 モスクワに逃げ、再び詩や戯曲を書きつづける。
  ロシア(グルジア)人詩人マヤコフスキーと知り合い、モスクワで働く。
1928年 恩赦を受けトルコ帰国を許可される。
  当時のトルコはすでに共産党が弾圧されていたために彼は常に秘密警察の監視下され、刑をでっちあげられ投獄される。
  その間も執筆活動を続け、多くの小説や詩集、戯曲等を出版する。
  同時に装丁者、校正係、記者、翻訳者、映画台本作者等としても働き生計をたてる。
1938年 軍学生達が読んでいた彼の書物により軍隊を扇動したとして28年4ヶ月の刑を受け収監。
  特に1936年に出版された15世紀の農夫達のオスマン支配に対する反乱について書かれた「Seyh Bedreddin Destani’ndan」(イスラム教指導者ベドレッディンの叙事詩)という詩が対象でこれがトルコで出版された彼の最後の作品となる。
  地獄のような獄中生活の中でも彼は自分自身を振り立たせ、人間味あふれる詩や小説、手紙を書き続ける。
1949年 ピカソ、サルトル等が参加する国際委員会によりヒクメット釈放運動が高まる
1950年 世界平和賞が授与される
  恩赦により釈放される。
  その後も政府の弾圧は続き、2度暗殺されかけたためモスクワへ決死の逃亡。
1951年 トルコ国籍を剥奪されたため、ポーランド国籍を取得
1963年 心臓病によりモスクワで死去、モスクワに埋葬され現在もモスクワに眠る。
2002年  ユネスコがナーズム・ヒクメット年と定める。
2009年
 国会の決議により、トルコ国籍を返還。


多くの作品が出版され日本語翻訳本(「ヒクメット詩集」「フェルハドとシリン」「死んだ少女―詩集」)もありますが、ここではその中のいくつかを紹介いたします。(トルコ語文ですがトルコ文字は使用しておりません。)

KIZ COCUGU 「死んだ少女」(広島原爆の悲劇についての作品、原題「少女」)1956年

Kapilari calan benim
kapilari birer birer.
Gozunuze gorunemem
goze gorunmez oluler.

Hirosima'da oleli
oluyor bir on yil kadar.
Yedi yasinda bir kizim,
buyumez olu cocuklar.

Saclarim tutustu once,
gozlerim yandi kavruldu.
Bir avuc kul oluverdim,
kulum havaya savruldu.

Benim sizden kendim icin
hicbir sey istedigim yok.
Seker bile yiyemez ki
kagit gibi yanan cocuk.

Caliyorum kapinizi
teyze, amca, bir imza ver.
Cocuklar oldurulmesin
seker de yiyebilsinler.

JAPON BALIKCISI 「日本の漁夫」(ビキニ環礁で被爆死した若い日本人漁夫について)1956年

Balik tuttuk yiyen olur
Elimize degen olur
Bu gemi bir kara tabut,
Lumbarindan giren olur.

Balik tuttuk yiyen olur,
Birden degil, agir agir,
Etleri curur, dagilir,
Balik tuttuk, yiyen olur.

Elimize degen olur,
Tuzla, gunesle yikanan
Bu vefali, bu caliskan
Elimize degen olur.
Birden degil, agir agir agir
Etleri curur, dagilir,
Elimize degen olur...

Badem gozlum, beni unut
Bu gemi bir kara tabut
Lumbarindan giren olur
Ustumuzden gecti bulut

Badem gozlum beni unut
Boynuma sarilma, gulum,
Benden sana gecer olum
Badem gozlum beni unut

Bu gemi bir kara tabut
Badem gozlum beni unut
Curuk yumurtadan curuk
Benden yapacagin cocuk
Bu gemi bir kara tabut
Bu deniz bir olu deniz
Insanlar ey, nerdesiniz?
Nerdesiniz?

OTOBIYOGRAFI 「自伝」(ヒクメットの人生を振る、死ぬ2年前に書かれた作品)1961年

1902'de dogdum
dogdugum sehre donmedim bir daha
geriye donmeyi sevmem
uc yasimda Halep'te pasa torunlugu ettim
on dokuzumda Moskova'da komunist Universite ogrenciligi
kirk dokuzumda yine Moskova'da Tseka-Parti konuklugu
ve on dordumden beri sairlik ederim

kimi insan otlarin kimi insan baliklarin cesidini bilir
ben ayriliklarin
kimi insan ezbere sayar yildizlarin adini
ben hasretlerin

hapislerde de yattim buyuk otellerde de
aclik cektim aclik girevi de icinde ve tatmadigim yemek yok gibidir

otuzumda asilmami istediler
kirk sekizimde Baris Madalyasinin bana verilmesini
verdiler de
otuz altimda yarim yilda gectim dort metre kare betonu
elli dokuzumda on sekiz saatta uctum Pirag'dan Havana'ya

Lenin'i gormedim nobet tuttum tabutunun basinda 924'de
961'de ziyaret ettigim anitkabri kitaplaridir

partimden koparmaga yeltendiler beni
sokmedi
yikilan putlarin altinda da ezilmedim
951'de bir denizde genc bir arkadasla yurudum ustune olumun
52'de catlak bir yurekle dort ay sirtustu bekledim olumu

sevdigim kadinlari deli gibi kiskandim
su kadarcik haset etmedim Sarlo'ya bile
aldattim kadinlarimi
konusmadim arkasindan dostlarimin

ictim ama aksamci olmadim
hep alnimin teriyle cikardim ekmek parami ne mutlu bana
baskasinin hesabina utandim yalan soyledim
yalan soyledim baskasini uzmemek icin
ama durup dururken de yalan soyledim

bindim tirene ucaga otomobile
Dogunluk binemiyor
operaya gittim
cogunluk gidemiyor adini bile duymamis operanin
cogunlugun gittigi kimi yerlere de ben gitmedim 21'den beri
camiye kiliseye tapinaga havraya buyucuye
ama kahve falima baktirdigim oldu

yazilarim otuz kirk dilde basilir
Turkiye'mde Turkcemle yasak

kansere yakalanmadim daha
yakalanmam da sart degil
basbakan filan olacagim yok
meraklisi da degilim bu isin
bir de harbe girmedim
siginaklara da inmedim gece yarilari
yollara da dusmedim pike yapan ucaklarin altinda
ama sevdalandim altmisima yakin
sozun kisasi yoldaslar
bugun Berlin'de kederden gebermekte olsam da
insanca yasadim diyebilirim
ve daha ne kadar yasarim
basimdan neler gecer daha
kim bilir


カテゴリー: その他 − 有名人 − ナーズム・ヒクメット



HOME



©Copyright 2004 JP-TR