JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



トルコポップ界永遠のライバル 〜ひとりごと第24回〜

現在トルコポップ界で最も人気の歌手、タルカン(Tarkan)。トルコの貴公子とも言われるタルカンはその甘いマスクと歌唱力から長い間、トルコ国内だけでなく、ヨーロッパや中近東、日本でも人気が高まっています。

そんな彼の永遠のライバルと称されるのが、ムスティことムスタファ サンダル(Mustafa Sandal)。1970年イスタンブール・ベシキタシュで生まれた彼は、タルカンより約2歳年上。ただし、初アルバムを出したのはタルカンより2年遅れの1994年。

(写真上がタルカン、右がムスタファ サンダル)

ムスタファ サンダルはスイスで中学・高校を過ごし、学内ではDJを務めていたとあり、ノリはかなり良い。セクシーな魅力を持つタルカンとは少し異なり、爽やかな魅力を持つムスティ。歌も全体的にノリが良い。最近ではトルコ国内だけでなく、ドイツを中心ヨーロッパではかなり人気が高まっているようです。

タルカンとムスタファ サンダル。以前からライバルとしてファン層を二分していたのだけれど、ここにきて特にそのライバル性が取り立たされているよう。

CM
現在、タルカンはAVEAという携帯電話会社と契約しCMに登場。耳元でささやくような歌声をバックに顔のアップ、口元・目元のアップ、など、ファンにはたまらないショットが流れています。

一方、ムスタファ サンダルも携帯電話会社TurkcellのMuhabbet KartのCMで大絶賛中。今までに彼がこんなにすごい俳優(?)であるとは誰も知らなかった!というくらい、それはそれはものすごいもの。CM第1弾はイタリア人(シシリア人)に扮したムスティが、イタリア語訛りの英語で、100%イタリア人を演出。

第2弾はインド人に扮したムスティが、インド人訛りの英語で200%インド人を演じています。最初は誰もムスティであることに気付かなかったくらいのもの。コミカルに、しかも抜群の演技力でメディアにも大好評を得たくらいのもの。ちなみに今後、第3弾はロシア人、第4弾はフランス人と続くらしく、世間の期待は高まるばかり。


このCM合戦、同じ時間帯に流れることもあるくらい双方を意識したもの。ムスティに軍配を挙げる人多し。

コンサート
コンサートと言っても特別なものなのですが、8月にトルコで行われるFormula 1(F1)グランプリでタルカンがコンサートを開催予定。F1が世界各国に放送されるため、このコンサートも世界のメディアが見守る中行われ、タルカンの知名度を一層上げるものにすると予想されています。

タルカンのF1でのコンサートは随分と前から決まっていたものの、先日イスタンブールで行われた世界が注目したUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦に先立つ公的イベントでは、ムスティがコンサートを開催することが急遽決定。F1がタルカンならサッカーはムスティで勝負!というもの。もちろんこのコンサートも世界で生中継されました。サッカー続きで6月4日のトルコXギリシャ戦でもムスティがミニコンサートを披露。サッカーイベント=ムスティの名が定着するものとなりました。


タルカンはニューヨークに本拠地を移し生活やレコーディング等をこなしています。しかし最近、ニューヨーク生活に少し物足りなさを感じ始めたとのコメントを出したすぐあと、ロンドンの高級住宅地に家を購入。

その高級住宅地には、以前からムスタファ サンダルの家があり、トルコとロンドンを往復する生活を送っていたのだけれど、タルカンが家を購入した直後、ムスティは自分の家を売却したとのこと。果たしてタルカンを意識してなのか、偶然なのか、と憶測してみたくなる気持ちがいっぱいです。

このようにタルカンとムスティは、これからも永遠のライバルとして私達を楽しませてくれることと思います。

ちなみに私はどちらも大好きです。


オンラインで購入可能なタルカン及びムスタファサンダルのCD


タルカン 
*「Tarkan [Universal Latino]
*「Chu!Chu!は恋の合言葉〜トルコより愛をこめて
*「Olurum Sana
*「Karma
*「Dudu

ムスタファ サンダル 
*「Iste」 
*「Araba」 
*「デタイ」  
*「Kop」   

・・・・・・・・・・・  


(2005年6月21日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)

HOME



©Copyright 2004 JP-TR