JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



3泊4日のホリデー 〜ひとりごと第25回〜

6月25日(土)から3泊4日でホリデーをしてきました!と、言ってもアンタルヤ市内なので家から車で約10分のところなのですが、、、。でもそこは別世界、とっても楽しい4日間を過ごすことができました。

今回のホリデーはかなり急に決まったものだったのですが、以前からいつか友人家族(夫婦+4歳の男の子)と私達の家族で一緒にどこか近場に遊びに行こう、と話していて、最近の暑さがめっきり厳しくなってきたため急遽ホリデーを催行することとなり、言葉通り本当に近場で済ませてしまいました。

場所はアンタルヤ市の東にあるクンドゥ(Kundu)という地区。ここは大きなリゾートホテルが林立し、今も尚沢山のホテルが建設中という、まさにホリデービレッジ。最近はヨーロッパやロシアからの観光客のリゾート地として人気が高まり、先日もアンタルヤ空港へ降り立つ一日の観光客の数が4万2千人以上という記録を達したところのため、満室のホテルも多いという噂。

私達が選んだホテルは今年3月にオープンしたばかりのところでまだ一部建築中のところもあるのですが、夫婦や家族連れで賑わいを見せていました。主な国籍はロシア人、ドイツ人、イギリス人、フランス人でトルコ人は1割くらいだったように思われます(日本人は私だけのようでした)。

このクンデゥ地区にあるホテルの特徴は、「オール インクルーシブ」。ホテルに入ってからの食事や飲物は全て宿泊費に含まれているため、どこで何を食べても料金を支払う必要がないのです。こういう所の食事はきっとあまり期待できないだろうなぁ、と思っていたのですが、この予想とは裏腹に沢山の種類とおいしさに大満足。とくに昼や夜の食事(バイキングスタイル)時のデザートは毎回20〜30種類あり、甘い物好きの私にはまさに天国。夜には羊の丸焼きが出た日もありました。朝食のパンの種類も多く、いつもはトルコパンにジャムやチーズを食べる日々なのですが、この時ばかりは全種類食べ尽くすのに苦労した程です。(上の写真は朝食時のパン、この他にもパンケーキやシリアル等あり。もちろん朝食時にも温かいメニュー各種やサラダ等多数あります。)

ここのホテルの場合、 1回の滞在中に1度、ア・ラ・カルトのレストランで食事をすることもできました。アジアレストラン、メキシコ料理レストラン、イタリア料理レストランからひとつ選びます。私達は最後の夜にアジア料理を選択。中華料理のような系統のものだったのですが、日本の長唄のようなものがBGMに流れてちょっとアンバランスで妙な気分。5コースほどのメニューでもちろんデザートもついていてお腹がいっぱいになったのですが、食事のあと、やっぱりデザートバイキングでまたもやデザートを食べてしまいました。

朝・昼・夜の食事の時間帯以外には、各所のバーやスナックスタンドでケーキ等のデザート以外にもハンバーガーやピザは勿論の事、いろんな食べ物が満たされています。飲物もソフトドリンク以外にもワインやビール、ウイスキーやウォッカ等なんでも飲み放題。昼間からみんなほろ酔い気分でリラックスしている様子です。全てが飲み放題・食べ放題と言われると、ついついお腹がいっぱいでも何かを食べてしまいたい食いしん坊の私は、この4日間でちょっぴりとふっくらしたかも、、、。

食事の事以外にも書かなくてはいけませんね。このホテルには屋外プールが6つ、屋内プールが1つ、そしてもちろんプライベートビーチもあり泳ぎ放題。子供のためのKids Clubや夜のエンターテイメントも宿泊客を楽しませてくれました。テニスコートやサッカー場もありましたが、この暑さのため誰もしていません(左の写真は部屋からの景色)。

朝の9時頃には30度近くになり、昼間は40度前後をウロウロする暑さ。やっぱり泳ぐのが一番です。私達は朝夕泳いで昼間はクーラーのきく部屋で休憩したりおやつを食べたりしてのんびりと一日を過ごしながら、4日間の休日を満喫させてもらいました。家からこんなに近いのに、本当に別世界。1年に一度くらいはこういうホリデーもありかも。


(2005年6月29日)



チューリップ

ひとりごと(リスト)

HOME



©Copyright 2004 JP-TR