JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



サンデー ブランチ  〜ひとりごと第51回〜

日曜日の人気メニューはブランチ。レストランやホテルでは手軽な料金でバイキングスタイルで楽しめるブランチメニューが目白押し。今回は知人家族8人プラス子供4人でアンタルヤの西側の海辺沿いに広がるビーチパーク内にあるMyraというレストランでブランチミーティング(?)を設定。

料金はひとり14YTL(約1300円)。内容的には、チーズ各種、ハム・ソーセージ・サラミ類、卵料理、サラダ各種、シリアルに加え、冷製ドルマ(ピーマンの米詰めオリーブオイル製)、ボレキ(パイ生地の中にいろいろな中身が挟まれたもの)、野菜のフライ類、パウンドケーキや果物といったものでした。

待ち合わせは11時。いつものことながら全員集合したのは11時半近く。みんな寝ぼけ眼ながらも元気よく登場!

もちろん食事は外のテラスで太陽を浴びながら楽しめます。この日は20度以上あり(たぶん24〜5度はあったはず)、日差しも熱く、薄手のセーターを着ていた私は汗が出るほどの晴天。みんなはブラウス1枚、又は半袖という格好で2月ということを忘れてしまうほど。ちなみにイスタンブールはこの日雪が降っていました(笑)。

まずは腹ごしらえから、ということで、それぞれお皿に溢れんばかりに取ってきて、食べる+食べる+食べる、、、。子供達は好みのものだけ頬張って、すぐに芝生の上で走り回って遊び始めます。大人達は他愛もない話に花を咲かせたり、新聞を読んだりと、リラックスしながら時間は流れていきます。

ふっと時計を見ると、もう食事をはじめてから2時間半も経っています。私達は用事があったため残念ながら先に席を立ったのですが、あのままだったらきっとあと1時間でも2時間でものんびりとブランチを楽しんでいたことと思います。

特にこれからの季節、春の期間はブランチが気持ち良いシーズンとなります。日曜の楽しみな日課のひとつとしてまた時々我が家のプランに入れたいものです。

(2006年2月13日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)


HOME



©Copyright 2004 JP-TR