JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



トルコ航空の旅  〜ひとりごと第89回〜

この夏日本に帰省した際、トルコ航空関空便に初めて搭乗。前回の帰省時にはエミレーツ航空を利用したのですが、今年の6月からトルコ航空がようやく関空便を復活させてくれたので夢の直行便利用となりました。

そこで、前回のエミレーツ航空の旅については「ひとりごと第46回」で紹介したので、今回は「トルコ航空の旅」と題しての「ひとりごと」です。

どの航空便を利用して帰省するか随分と悩んだのですが、それぞれの航空便の利点と欠点を総合的に判断しての決断。その利点と欠点とは次のような点です。

エミレーツ航空の利点
*金額的にトルコ航空より安価。
*座席には個人用スクリーンがあり、大人も子供も空の旅を楽しめる。
*機内食がトルコ航空に比べると良い。
*サービスが良い。
エミレーツ航空の欠点
*乗り継ぎ。しかも日本からイスタンブールに来る時にドバイでの待ち時間が10時間程度ある。

トルコ航空の利点
*イスタンブールから(まで)直行便で体力的・時間的な利点。
*アンタルヤで預けた荷物はイスタンブールで受取ることなくそのまま乗り継ぎができる。帰便もアンタルヤで荷物を受取るのみとなり、イスタンブールでの国内線/国際線間の移動がものすごく楽。

本当に悩みました。娘は絶対エミレーツ!と言い張ったのですが、帰りのこと(乗り継ぎ+荷物)を考えて結局トルコ航空利用に軍配。

ちなみに娘は以前からトルコ航空のことを「て」の飛行機と呼びます。それはトルコ航空のマークがひらがなの「て」を逆さまにしたような形だからです。我が家ではトルコ航空=「て」なのです。

いよいよ日本に向け出発。アンタルヤを19時40分に出発し、イスタンブールで乗り継ぎ手続きを終え、23時45分(夏時間スケジュール)の搭乗を待つことに。しかし当日は機材到着遅れのために約2時間の遅れとなりイスタンブールを離陸したのは01時30分過ぎ。遅延の知らせは、もちろんギリギリになってから。機材遅れならもっと前にわかっていたはずなのに、、、と思いながらひたすら待つことになりました。もちろん娘は待ちくたびれて私の膝枕でぐっすり眠っています。夏休みゆえ、他にも子供達が沢山いましたが、みんな眠ってしまっています。

ようやく出発し、しばらくすると簡単なお食事のサービス。でもこんな時間だから寝入って食べない人も多いくらいでした。

時間が時間なのでみんなすぐに熟睡し、目が覚めるともうすぐそこに日本なのです。あ〜なんて早く到着するのでしょう。エミレーツに慣れていた私としてはなんだかとっても感激してしまいました。

到着前にも簡単な食事のサービス。食べることの大好きな娘にとって子供メニューのあまりの質素さに撃沈。「やっぱりエミレーツがよかった、、、。」「もう‘て’には乗らない!」と愚痴まで飛び出てしまったくらい。でも私にとっては「乗り継ぎなしで気が付けば日本」はやはり嬉しいのひとことでした。

帰便は関空を22時45分に出発。夕食は空港内にある関西の人にはおなじみの「551の蓬莱」で豚まん・シュウマイ・餃子の食べ納め。おいしかったぁ。これとは別に、トルコからの便での機内食が簡素だったので娘のたっての願いで大好物のドーナツを買い込んで搭乗することにしました。

でもやはり日本からの便とあり、機内食はトルコからの便に比べるとかなり良かったのでひと安心。おかげでドーナツを食べることなくイスタンブールに到着するのでした。

イスタンブールでは、パスポート審査を通過後、荷物を受取ることなくそのまま手荷物のみで徒歩5分のところにある国内線ターミナルへ移動し、チェックイン。アンタルヤへ向け最後の飛行となりました。

日本で預けた荷物は重量ギリギリいっぱいだったので山のような手荷物を持つ私達にとっては本当にありがたいものでした。私はもちろん持てるだけの重い手荷物、そして娘にも大量に担がせてましたから(笑)。実は手荷物だけでカートがいっぱい状態だったんです(汗)。

アンタルヤ到着後は、おもしろいシステムで、私達のような国際線からの乗り継ぎ者数名(7〜8人)のみ別バスで国際線到着ターミナルへ輸送され、そこで荷物を受け取り、ヨタヨタしながら誰もいない(?)税関を通り抜けて、ギラギラのアンタルヤの日差しと、ひとりで留守番してくれていた主人との1ヶ月ぶりの対面となりました。

アンタルヤはまだまだ暑いです。朝夕は随分過ごしやすくなったものの、昼間は40度を越えています。私がいない間、アンタルヤはなんと55度、湿気75%を記録したとか、、、??いなくてよかったぁ。

(2006年9月7日)


下記もぜひご一読ください。

ひとりごと第210回「トルコ航空の旅(関空便)レポート」(2009年8月19日)
ひとりごと第135回「カタール航空の旅」(2007年9月21日)



チューリップ

ひとりごと(リスト)



HOME



©Copyright 2004 JP-TR