JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



天使がくれたお金  〜ひとりごと第104回〜

以前からグラグラしていた娘の下の前歯が1本抜けました。と、いうか夜テレビを見ながら歯を触っているうちに自分で引っこ抜いてしまい、本人も取れた瞬間、突然の出来事に唖然としていた表情が印象的でした。

日本でも抜けた最初の乳歯を屋根の上に放り投げるとか地方によっていろんな習慣があるようですが、トルコでも土地柄や家族によっていろんな風習があるようです。

主人によると、歯が抜けたら、寝る前に枕の下に置き、欲しいものやお願い事を唱えるとのこと。子供には、天使がそれに気付いたら歯を持ち去っていくんだよ、と伝えておくらしい。そして親は子供が寝ている間に枕の下の歯を取り、その代わりにプレゼントやお金を枕の下に置いておくのだそうです。

主人が娘に、寝る前に枕の下に歯を置いてお願いごとを唱えるようにと伝えると、娘は早速、歯を入れる袋を自作。しっかり歯の絵を描いているのには笑ってしまった。しかも小さな歯1本入れるには、大きすぎ(笑)!

とにかく娘は言われた通り、大きな袋に小さな歯を入れて枕の下に置き、願い事をしてから眠りました。

翌朝、目が覚めた娘は天使が歯を持っていったかどうかすぐに確認した様子。そして部屋から「わぁ〜!!!」という叫び声。枕の下で見つけた5YTL札(約400円)を発見したらしく、すぐに部屋から走って出てきて、「ママ〜、天使がお金を置いていった〜!」と無邪気な言葉。

その後すぐに5YTL札を握り締めて、寝ていたパパを起こして興奮しながら説明。う〜む、まだまだ純粋だなぁ〜なんて感動してしまいました。でもそんな感動も束の間、娘の次の言葉は、「もっといっぱい抜いて、もっとお金をもらおう!」だって(苦笑)。

(2006年10月22日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)



HOME



©Copyright 2004 JP-TR