JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



おしゃれな個展鑑賞   〜ひとりごと第118回〜

以前住んでいたアパートの住人で画家として活躍する女性がいて引越後も交流があるのですが、彼女が個展を開くというので早速お祝いに駆けつけることにしました。

連絡を受けたときに彼女いわく、「私は着物を着る予定なのであなた達にも着物か日本を感じさせる服装で連れてきて欲しいの♪」

着物なんてどこで手に入れたのだろうと考えながらも、自分達の服装に頭がいっぱい。

・・・・着物は持ってきていない、娘なら浴衣はあるけれど、、、、。

ちょっと迷ったあげく、浴衣は夏のものだけど、その日の昼間は23度ほどあったので彼女のたってのお願いだからちょっと強引な気はするけれど娘に浴衣を着せよう!

髪をかわいく結ってかわいい浴衣姿になった娘を連れて、いざ会場へ。途中、花束も購入し、準備万端です。

個展が開かれる場所はアンタルヤ市内のザ・マルマラホテル。新しく建てられた5つ星のきれいなホテルです。

到着してちょっとビックリ。金色のドレスを着て仮面を着けた女性がお出迎えです。そして他にも天使の羽根を着けたドレス姿の美しい女性も数名。なんだかとっても素敵な雰囲気です。

そこに場違いな浴衣姿の娘と登場。なんだか一瞬違和感を感じてしまいました(汗)。でも娘を見て、みんなとっても珍しがって一気に注目されてしまい、、、、。いきなり娘はみんなの写真のモデルとなってしまいました(笑)。娘は恥ずかしがりながらもちょっとご満悦。ニッコリ笑ってポーズをとって気分上々。

画家の友人を探すと真っ赤な衣装に身を包んでいます。

「・・・・・」

着物じゃないよ〜!チャイナドレスやん!!!と思わず心で突っ込んでしまいました。

どうやって着物を手に入れたかと不思議に思っていたことが今明らかになったのです。やっぱりトルコ人には着物もチャイナドレスも同じ東洋の衣装として一塊にされている!ってわけです。

彼女の作品はとても個性的。女性的な美しさが描かれたものが多いのです。お出迎えの女性がつけているような羽根付の仮面の眼鏡(?)が絵にはめ込まれていたり、天使の羽根をつけた女性の姿を描いたりと、会場の雰囲気はまさに絵の世界。クラシック音楽の生演奏もあり、とってもおしゃれな個展でした。(赤い洋服を着ているのが画家のYesim。トップの写真には黒の仮面、上の写真には白の仮面が絵にはめられています!)

おしゃべりをしながらサービスされる飲物やおつまみをいただき、楽しい夜のひとときを過ごすことが出来ました♪

(2007年2月27日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)

HOME



©Copyright 2004 JP-TR