JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



初泳ぎ♪   〜ひとりごと第124回〜

5月に入り30度を越える日々が続き、アンタルヤはもう初夏を感じる季節となりました。

お留守番をしていた娘へのお礼という名目?で週末はアンタルヤ市内から車で45分ほどのベレクと言う街で1泊2日のミニホリデーで一足先に夏気分を味わうことにしました。

アンタルヤで恵まれていることというと周辺にリゾートホテルがいっぱい、しかも予算による選択技が多いこと。今回は少し古い5つ星ホテルで3人で1泊1万円ちょっとほど(子供は無料!)で全食事+飲物+スナック等がすべて含まれたオールインクルーシブタイプのホテルを見つけてそこで1泊することにしました。(写真は部屋の窓からの景色)

少し安い方のランクのホテルだったので食事やスナック類は質素かと思いきや、豊富な種類で味もよく大満足でした。

満室とまではいかなくとも予想より沢山の観光客。そのほとんどがロシア人、あとはドイツ人、フランス人、イギリス人、そしてもちろんトルコ人達という顔ぶれ。

日本人観光客がほとんどいないアンタルヤのためか、ホテルのスタッフはたいてい私と娘を見るとロシア語で話し掛けられてしまいます。もちろんロシア人からもロシア語で話し掛けられる始末。旧ロシアの国々の○○スタンあたり(カザフスタンやクルグスタン??)系の観光客だと思われているのでしょう。たしかにあのあたりの人は日本人に似た顔つきなのでちょっと納得。

娘は今年初めてのプールだったので大はしゃぎ!ロシア人の女の子とすっかり仲良しになって、楽しく一緒に遊んでいる様子。こうして娘がロシア語を自然に覚えられればな〜なんて勝手な期待を寄せていたものの、後で聞くと、それぞれが自分の言葉で身振り手振りで意思疎通をしていただけだったよう。そろそろ我が家もロシア語を学ぶべきなのでしょうか?

1泊だけだとあっという間にチェックアウトになってしまったけれど、今年の初泳ぎを無事に終え、ちょっと気分転換もできて充実した週末を過ごすことができました。

これから7月半ばくらいまでは忙しくなりそうで当分ホリデーもできないため、この2日間は貴重な家族団欒となりました。

(2007年5月8日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)

HOME



©Copyright 2004 JP-TR