JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



カタール航空の旅  〜ひとりごと第135回〜

今年の夏休みにイスタンブールから関西国際空港までの区間を利用したのはカタール航空。今回は、「ひとりごと第46回」のエミレーツ航空、「ひとりごと第89回」のトルコ航空に続いての航空会社編第3弾です。

カタール航空の利点は、なんといっても金額が安い!トルコ航空利用の場合の大人1人分の金額で私と娘の両方を足した分より安く利用することができるのです。これは嬉しい♪

カタールの首都ドーハを経由することになるのですが、エミレーツ航空に比べると待ち時間は断然短いためにそれほど苦もなく乗り継ぎ時間を潰すことができました(曜日によって異なります)。エミレーツ航空の乗り継ぎ地であるドバイの免税店の大きさに比べるとドーハはかなり小さいですが、ドバイ同様値段が安いのでお買い得商品がいっぱいでした。

  

しかも機内サービスもトルコ航空に比べると充実しています。また、日本路線では各シートには個別のスクリーンがあるので好きな映画を好きな時間に鑑賞できるため、娘は大喜びでした。(ただし映画の種類的にはエミレーツ航空の方が多かったです。)

機内食に関しては、日本路線ではメインを3種類から選べるのですが、もちろん和食もあり大満足。最初、娘には子供メニューをリクエストしていたのですが、おもちゃやお菓子等、子供の好きなものが揃っているとは言え、食事としての量的には娘には物足りなく、帰路では娘にも大人メニューにするように変更しました。(写真は日本からドーハへの機内食:左が夕食、右が朝食。)


  

カタール航空の欠点と言えば、イスタンブール発も関空発も出発時間が遅いということです。どちらも夜中の12時に近い時間帯です。特に子供にとっては搭乗時間までに待ちくたびれてしまうという感じかもしれません。逆に飛行機に乗るとすぐに熟睡できるので、往路も帰路も目的地に到着した時点では、時差をそれほど感じることもなく比較的スムーズに対応できたのは事実です。

あくまでも個人的意見ですが、3社を比較すると下記のようになります。(1位から3位の順)
*便利さは、トルコ航空、カタール航空、エミレーツ航空。
*機内サービスは、エミレーツ航空、カタール航空、トルコ航空。
*値段の安さNo1は、カタール航空、エミレーツ航空、トルコ航空。
*空港免税店充実度は、ドバイ(エミレーツ航空)、イスタンブール(トルコ航空)、ドーハ(カタール航空)。
*空港免税店商品価格は、ドーハ(カタール航空)、ドバイ(エミレーツ航空)、イスタンブール(トルコ航空)。ただし商品の種類や外貨交換率により、1位と2位は逆転することもあります。

私の感想としてはこのような感じですが、やはり値段の安さから考えても次回もきっとカタール航空を利用することになるでしょう。

(2007年9月21日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)

HOME



©Copyright 2004 JP-TR