JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



ファズル サイのコンサートへ行く  〜ひとりごと第142回〜

トルコが生んだ世界的名ピアニスト、ファズル サイ(日本では、ファジル サイとして知られています)。念願かなって初めて彼の弾くピアノを生で聴く事ができました♪ 月並みな表現しかできないのが悔しいですが、まさに天才ピアニスト!!

彼が毎年11月に主催するアンタルヤ国際ピアノフェスティバルは今年で第8回目を迎え、アンタルヤ市民も毎年11月を楽しみにするほど。去年は、ひとりごと第109回で紹介したMiriam Mendezのコンサートにたまたま行って大感激したので、今年はぜひともファズル サイのコンサートへ行こうとずっと楽しみにしていました。

ファズル サイのコンサートはフェスティバル開幕日の16日と17日。どちらもロシア人指揮者Vladimir Spivakovと室内オーケストラMoskow Virtuosiとの共演。(Spivakov氏についてはこちらをご参照下さい〜ウィキペディアより)。Spivakov氏のことは全く知らなかったけれど、なんだか凄い人らしい。

結局16日(金)初日のチケットをゲット。去年は全日15YTLだったけど、今年は全日25YTL(約2500円)。値上がりかぁと思いながらも、日本ではこんな金額で鑑賞できないことを思えば、やはり恵まれていると思うしかありません。

演目は3部構成。まず最初はピアノとオーケストラとの共演でモーツアルトのコンツエルト12番、次はファズル・サイ単独でProkofievのピアノソナタ7番、最後はオーケストラのみでチャイコフスキーの演奏。

娘と二人で行ったのですが、まず最初の演奏が始まると同時に、彼女の第一声は「きれい〜!」。本当に澄んだ音色と人間技とは思えない指使いとオーケストラとの息の合った演奏で陶酔させられてしまいました。

次のピアノ演奏の原曲を知らないので本当はどんな音楽なのかわからないのですが、ファズル・サイの独特な世界によって繰り広げられる演奏は、まさに圧巻。やっぱり彼はただ者ではない!

最後のオーケストラ演奏にももちろんうっとり。こんなことを言っては失礼かもしれないのですが、Spivakov氏ってなんだかとってもかわいい人でした。

大喝采の中、コンサートは終了。充実した時間を過ごす事ができました!私の貧弱な表現で凄い凄いと書いていますが、百読は一聴にしかず!? ぜひ皆さんにも鑑賞していただきたいものです。

実はこの日はコンサート開幕日ということもあり、コンサート終了後、この日の観客全てが参加できるカクテルパーティがシェラトンホテルで開催。こんなオマケまでついて25YTLじゃぁ安い過ぎるわ、なんて思いながらも、時間も遅く娘の睡魔が襲ってきていたので、カクテルパーティはもちろん辞退することに。でも洒落たことをしてくれるものです。

今年のピアノフェスティバル最終日である30日には、トルコの名作曲家Fahir Atakogluとユーロビジョン優勝者で日本でも人気のあるSertab Erenerのコンサート。このコンサートにも行きたいなぁ、と思いつつも、娘があまり興味を示さなかったため断念。でももし興味のある方、まだ間に合うかもしれませんので、私のイチオシのコンサートへぜひどうぞ!きっと見ごたえあるはずです。

さて、来年はどんなフェスティバルになるのでしょう。ぜひ来年もぜひ鑑賞したいものです。

(2007年11月19日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)

HOME



©Copyright 2004 JP-TR