JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



出足を挫かれる!?   〜ひとりごと第145回〜

2007年の大晦日の予定は特に何もなかったけれど、数日前にご招待を受けたのです。それは主人の働く旅行会社と契約しているケメルのホテルがオフィスで働く従業員(と言っても5人だけ)とその家族に大晦日の夜の宿泊アレンジをしてくれました。当然チューリップ一家は喜んで参加させていただきました。(左写真:トルコの新年は当然!?クリスマスツリーです。)

12歳までの子供達は、子供プログラムに参加。18:45から子供メニューバイキングで食事をしたあと、ダンスやゲームや映画、顔のペインティング等23時過ぎまでのプログラムが組まれていました。そこで私達夫婦は子供プログラムに娘を送り込んだあと、大人用プログラムに参加することとなりました。

大人達は19時30分スタート。まずはサロンに入る前にカクテルでお出迎え。そこでみんなワイワイとおしゃべりタイム。20時過ぎくらいにやっとサロンのドアが開き、着席。フランス人、ドイツ人、ロシア人、トルコ人が入り混じっています。

コースメニューになっていて、まずはトルコ風メゼ(前菜)盛り合わせ、ほうれん草のクレープ、サフラン入りピラフと牛肉のロースト、そしてデザートを言ったメニューでした。人数が多いからか、12時のカウントダウンまで時間を持たせるためか、時間をかけてのお食事。

食事中には、生演奏と歌が流れ、もちろん好きな曲が流れると踊りだす人もかなり多し。途中、アニメーター達がダンスやショー、そしてくじ引きなどを行い、賑やかにそして楽しい雰囲気で過ごすことができました。

2007年もあと1時間となった頃、娘を迎えに行き、一緒にカウントダウンを楽しもうと思っていたのですが、11時半になろうとした頃には、娘の睡魔が襲ってきたので、結局部屋に戻ることに。もちろんカウントダウンのクライマックスには参加できませんでした。

まぁ、それは別に良いとして、部屋に戻ってきてから、テレビで各地のカウントダウンでも見ようということにしたのですが、まだ30分あるからと主人があちこちのチャンネルを回し始め、結局あと1分弱になった!と言う頃に、そろそろカウントダウンの番組に戻して♪と頼んでみたのですが、ホテルのチャンネルはどこに何の放送局があるのかわからず、結局その番組にたどり着いたころにはすでにみんなカウントダウンも終わり、すっかり2008年モード。せっかくカウントダウンを一緒に楽しもうと思っていたのに、、、。部屋にはちょっとイヤな空気が、、、。でもまぁこうして初めて大晦日ディナーを楽しませてもらったので(デザートは食べ損ねてしまいましたが、、)、ありがたいと感謝することにしましょう♪

そんなこんなで私達の2008年が始まってしまい、今年はどうなることやら、、、。ちょっと不安になったとは言え、2008年が健康で楽しく過ぎることを祈るばかりです。これからもどうぞよろしくお願いします。

(2008年1月2日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)

HOME



©Copyright 2004 JP-TR