JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



お誕生日ホテルステイ   〜ひとりごと第156回〜

前回の「ひとりごと第155回」で予告した通り、この週末は娘のお誕生日という名目でホテルステイしてきました。

今回は、Letooniaホテル(ホテルHP)というところに宿泊。本当はアンタルヤの西方面にあるケメル(Kemer)で宿泊する予定だったのですが、希望したホテルがまだ閉鎖中(ケメル周辺のホテルは冬季期間中休業するところが多く、通常4月〜5月にリオープン)だったので、視点を変えてアンタルヤの東方面にあるベレク(Belek)地区にしました。(下の写真は窓からの景色)



5つ星ホテルで緑が多く静かな雰囲気だけれど、ホテル自体は古いという印象。でも私達には充分です。このあたりのホテルがほぼ全てオールインクルーシブタイプであるようにここのホテルも同様です。つまり3食、飲物、スナック、なんても食べ放題、飲み放題、そしてアクティビティなどもほとんどが無料で楽しめるというもの。

金曜日の夜、主人が帰宅するのを待ち、一緒に車で出発。自宅を出発したのが19時だったのでホテルに到着したのは20時。お腹ペコペコ〜!

チェックイン後部屋に入らずレストランへ直行!バイキングスタイルの食事はただでさえも余計に食べてしまうのに、空腹時は更に食欲が湧くからか、ついつい食べ過ぎて苦しむハメに、、、。

翌日は天気予報通り曇り。でももともとまだ海で泳ごうとは思っていなかったので天気はそれほど気になりません。とにかくリラックス!+家事からの解放!!ってやっぱり娘を口実に一番喜んでいるのは私だったりして、、(笑)。


娘は、と言えば前日から魚釣りがしたい!!と言い続けていたので朝から人生初めての魚釣り。30分ほど待っていたけれど何も釣れないのですぐ飽きてしまったよう、、、。忍耐力なしです。

その後ミニクラブへ。ミニクラブとは子供向けの遊びを楽しませてくれるところ。今はまだシーズン前でお客さんも少なく、ミニクラブに連れてくる人もあまりなかったよう。子供は2〜3人くらいだけ。それで担当のお姉さん達3人を独り占めできるくらい。粘土やゲーム、ダンス等いろんなことをして思いっきり楽しかったよう。

ランチも「私はお姉さん達と一緒に食べるから、ママとパパは2人で食べてね♪」というくらい。午後からは室内プールで親子一緒に遊んだけれど、その後もすぐにミニクラブに行ってくる!と言ってミニクラブ漬け。おかげで親はの〜んびりすることができました。

でもその夜、私にとって衝撃的な出来事が、、、!!

夕食も終わり部屋に戻りバルコニーで余生(笑)について主人と語り合っていると何気なく主人がポソっと、、、、

主人: 「コウモリがいっぱい飛んでるね。」
私: 「ゲ〜!!」
思わず椅子からころげ落ちそうになってしまいました。

さっきから目の前を黒い物体が猛スピードで上下左右に動いているのを見てたけど、それが全部コウモリ!!鳥にしては早すぎるなぁ、虫にしては大きすぎるなぁ、と不思議には思っていたけれど、コ・コ・コウモリだったのね〜。

「コウモリ」に異常反応を示した私を見た主人が、「なんでそこまでビックリ仰天しているの?」と首を傾げるのですが、私のイメージの中のコウモリは洞窟の中とか動物園だけのものだったので野生のものをすぐ目の前でこんなに沢山見ているということが信じられず、ちょっと恐く、、、(いえ、かなり恐く、、、)。もちろんその後はバルコニーには出ませんでした。

主人曰く「コウモリなんてどこにでもいて珍しくないよ。」「初めて見たの?」とそっちの方が不思議だったよう。

そう言えば知人の知り合いの家にコウモリが巣を作っているっていう話を普通の会話の中で聞いたことを思い出したけど、他人事とすっかり忘れていましたよ。やっぱりいるんですね。(こんなことを書くとアンタルヤのイメージが悪くなるかもしれませんが、自然が残っているという証拠ですね(苦笑)。ちなみに我が家にはやってきませんので!)

2泊3日の滞在だったけれど、親子ともども楽しくおいしくのんびりと過ごせて休日を満喫できました。

これからの私達の目標はできれば月1回を目標に1泊だけでもこうしてホテルで過ごせるようにアレンジすること。日本では到底こんな贅沢はできないだろうけれどアンタルヤはこういう週末の過ごし方が気軽にできるのが嬉しいです♪これからのシーズンはだんだんと宿泊代が高くなってしまうけれど秋になればまた手軽なお値段になるはずなのでぜひぜひ習慣づけたいものです。

(2008年4月7日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)

HOME



©Copyright 2004 JP-TR