JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



夏にお別れ    〜ひとりごと第191回〜

おとといまで昼間は半袖で充分な初夏のような暖かさだったアンタルヤ。しかし昨日は曇り空、今日は朝から雨模様。太陽がないアンタルヤは急に肌寒さを感じるようになり、長袖Tシャツの上にジャケットが必要なくらいの気候となり、今日はこれから冬物の洋服を取り出して少しずつ衣替えし始めようかと考えています。

これからの季節、2〜3日間続けて太陽が出ないと、我が家のソーラーシステムのお湯も尽きてしまいます。今朝初めて電気を使ってお湯を沸かしシャワーすることとなりました。だから今日は我が家にとっての「冬到来記念日」としておきましょう。

まぁ、また天気が回復するときっとまた日差しの熱さを感じることもあるのでしょうが、もう11月も半ばを過ぎ、そろそろ気分を冬モードにしないといけないですものね。

アンタルヤの冬は昼間、太陽があるとないでは物凄い気温差となるので1日で5〜10度、いえいえもっと気温差があることもしばしば。それゆえ、基本的に暖かいと言えども体調を壊す割合が非常に高いのです。これからはしっかり気を引き締めて風邪をひかないようにしなければ!!

紅葉もなく、さんま、サツマイモ、松茸、、、と言った秋の味覚もなく、気が付いたら冬??と季節感がないのが寂しい。いつも秋から冬になると日本の季節の風物詩を懐かしく思い出します。お天気のせいか、なんとなくセンチメンタルな気分になっているのかしら?

外は今、本格的に降り始めてきました。雷も凄まじい勢いで鳴り響いてます。こういう場合、よく停電になってしまうので、電気が切れる前に、早めに家事をしておくことにしましょっと。

(2008年11月19日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)

HOME



©Copyright 2004 JP-TR