JP−TR / 日本−トルコ
  
トルコの観光・伝統文化の総合サイト




HOME


各地の天気

レート

話題のニュース


トルコ共和国

観光

生活習慣

生活

人生

伝統習慣

暦(記念日等)

グルメ


伝統

その他

管理人

ひとりごと
(日記/エッセー)

satomi_antalyaをフォローしましょう

プロフィール



トルコ航空の旅(関空便)レポート   〜ひとりごと第210回〜

久しぶりにトルコ航空を利用して娘と2人で日本に帰国してきました。通常は運賃の安さから中東系の航空会社を利用するのですが、今回は早めに予約したこともあり、乗り継ぎ便よりお得な値段で直行便利用することができました。やっぱり直行便は楽チンでしたよ!!

私達はトルコから利用したのですが、日本から利用される方の方が一般的なので、今回は日本発を基準にレポートさせていただきますね。

2009年8月の運行スケジュールは、関空発22時30分。夜の便なので、基本的に睡眠モードな時間帯。イスタンブール到着は翌朝5時45分ということで、体にとっては優しい便だと思います。

さて、機内サービスはというと、、、。

客室乗務員は往路復路共、男性の方が多かったよう。(これは偶然かもしれませんが、、。)日本人乗務員はいらっしゃいませんでしたが、日本語を話すトルコ人が往路復路共2名ずつおられました。

食事に関しては、暖かいお食事が2度サービスされます。(下の写真左が出発後、右が到着前のもの)

出発時間が遅いのでほとんどの方は夕食を済ませてからの搭乗となるでしょうから、機内での最初の食事サービスは取っても取らなくてもよいくらいかもしれません。サービスされる時間についても夜中の1時すぎくらいだったので眠っておられる方も多かったようです。

メインメニューは2種類から選べるのですが、今回私は揚げ豆腐を選択。全体的には質素な感じですが、時間が時間なので十分です。

到着前の食事に関しては、トルコ時間では早朝(夜中?)の3時過ぎくらいなのですが、日本時間にすると朝の9時過ぎ(夏は6時間の時差)なので朝食に十分な時間帯かもしれません。こちらも2つのメニューから選べるので、私はスクランブルエッグを注文。

2つの食事の間の時間帯にお腹が減った方のためにおにぎりやサンドイッチも用意されているので、空腹感を感じることはまずないでしょう。

乗務員サービスに関しては、全体的にアバウトな感じかも。食事時のパンの配り忘れや降機前のイヤホン収集漏れがあったりというものです。手際があまりよくない様子が伝わってきましたから、、、。まぁ、これはその時の乗務員の方によるので、偶然私の乗った便がこのような感じだっただけで、他の便だと素晴らしいサービスを受けられる可能性は十分にありますので、先入観を持たれませんように!


機内エンターテイメントについては、各座席にスクリーンが設置されているので映画やゲームを楽しむことができます。映画の本数は他社に比べるとかなり少ないですが、日本語吹き替えや日本の映画も少しありましたから夜の便ということで睡眠時間を考えると十分な量かもしれません。

(上映映画内容等はトルコ航空の公式サイト内のこちらから確認することができます。ただしプログラム表示は日本語なし )




アメニティに関しては、スリッパ、歯ブラシ、靴下、靴べら、アイマスクといった一般的なもの。子供には、日本発ではパズルと飛行機の風船(?)、トルコ発では靴下や歯ブラシといったキットが入ったバッグとクイズ本。娘は日本発のパズルは「いらない」と言って機内に残してきたのですが、トルコ発便でもらったバッグは「かわいいねぇ!」と言って結構気に入っていたようです。

ちょっぴり辛口なレポートでしたが、トルコに来るには絶対トルコ航空が1番と実感!直行便は時間的・体力的に何にも変えられない利点があります。次回日本に帰国することがあるのなら、ぜひトルコ航空を利用したいというのが私の切なる気持ちです。あとはお値段と相談して、、、ということで!

(2009年8月19日)

チューリップ

ひとりごと(リスト)

HOME



©Copyright 2004 JP-TR